マウスピース矯正ってどのくらい痛いの?痛みの原因を知って不安を解消!

マウスピース矯正のトラブルでよく耳にするのが、「痛み」に関してです。この記事ではマウスピース矯正で生じる痛みの種類とその対処方法などをご紹介していきます。

マウスピース矯正治療における痛みの原因

歯が動く痛み

歯は骨の中に埋まっていて、多少の加圧では微動だにしません。しかし、矯正装置を使用し負荷をかけ続けると、歯は少しずつ移動します。

歯に力を加え続けると、歯の周囲にある歯根膜は正常な状態に戻ろうとします。
この際、細胞の働きにより押し付けられた側の骨が溶け、反対側には骨が形成されます。この力を利用して歯並びをキレイに整えます。

このように力をかける続けることで歯を動かすので、歯が動く際に違和感や痛みを感じることがあります。

矯正装置をつけた直後は、痛みと言うよりも引っ張られている感覚がありその後、平均6.4時間で痛みを感じ、およそ36時間後がピークに。その後、徐々に痛みは減り、1週間もすれば治まります。

1枚のマウスピースでの歯の移動量はコンピュータ計測で0.25mmです。
この0.25mmとは、歯と骨の間に存在する解剖学的隙間(歯根膜の厚み)です。
つまり歯の隙間分のみの移動量しか力が加わらないので最適な優しい力が計測されているのです。よって少しずつ歯を動かすので、ワイヤー矯正に比べて痛みが少ない傾向があります。

アタッチメントがあたる痛み

アタッチメントは歯とほぼ同色の樹脂でできており、治療後には撤去します。歯にかかる圧力を調整することが可能な装置で、設置すると効果的に歯を動かしていくことができるため、治療箇所やその状態によってアタッチメントの形状、数、設置場所を 決めていきます。

アタッチメント自体は歯の表面につくので、口の中に違和感を感じる方もいますが、普段はマウスピースが被さるのでそれほど気にならなくなります。

アタッチメントの出っ張りが口の中で引っ掛かり、口内炎や口内の傷の原因となり、痛みを引き起こすことがあります。また、マウスピース取り外しの際にこの出っ張りに引っ掛かり、痛みを感じる人もいます。

噛んだり、上下の歯がぶつかった時の痛み

矯正中は、常に歯に圧力がかかっている状態が続いています。圧力がかかっている歯は敏感になっていることがあり、硬い物を噛んで衝撃が加わったり、上下の歯が強くぶつかりあった時に、普段よりも痛みや違和感を感じることがあります。

ただ、この痛みも矯正が進むことで緩和されていきます。もし痛みがある場合などは、硬いものを噛むような食事はなるべく避けるようにし、柔らかいものを選ぶように心がけてみてください。

しかしマウスピース矯正では上と下の歯が直接接触することは、マウスピースを外しているとき以外はありません。マウスピースが歯を守っている状態になるため、咬む力が直接加わらない状態で歯を優しく移動させていきます。

マウスピースが歯肉や舌に当たる痛み

マウスピースが歯茎や舌にあたり続けると、傷や痛み、口内炎の原因になる場合があります。

ゴムをかけたことによる痛み

マウスピース矯正の一つであるインビザラインの場合、ゴムを使用する場合があります。ゴムを使用して歯を引っ張る力を強め、歯により強い圧力をかけて移動させる方法です。

そのため、強い力が加わるので痛みが生じることがあります。ただ、痛みがあるからといって使用を中断してしまうと治療期間がのびてしまったり、思ったような治療結果を得られなくなってしまうため、自己判断でゴム掛けを中断せず、痛みが数日でおさまらない場合は歯科医師に相談するようにしましょう。

久しぶりにマウスピースをつけた時の痛み

長期間マウスピースを装着しないでいると、歯の後戻りが起きてしまうことがあるので、久しぶりに装着すると痛みが出てしまう場合があります。

マウスピース矯正中の痛みを和らげるには

矯正による痛みはは人によりますが、マウスピース型カスタムメイド矯正装置は耐えられないほどの痛みを感じることはなく、2~3日程度違和感を感じる程度と言われています。

歯が動く痛みへの対処法

マウスピース矯正は、矯正器具が柔らかいプラスチックでできているため、口内に当たる痛みも少なく、口内炎ができにくいという特徴があります。そのため、生じる痛みの多くは歯が動く際のものです。

歯が動くことによる痛みには、氷で冷やす対処法がおすすめです。ロキソニンなどの市販薬を飲むことでも痛みは抑えられますが、これらの薬が持つ炎症を抑える作用により、歯の移動に影響が出てしまう可能性があります。歯の痛み=歯が動いているということなので、その妨げになるようなことはなるべく避けるようにすることをおすすめします。

アタッチメントがあたって痛いときの対処法

この痛みに対しては、「矯正用ワックス」でアタッチメントの凸部部分を覆うことで対処できる場合が多いです。矯正用ワックスの使用に関しては、担当の歯科医師に相談してみることをおすすめします。

噛む時の痛みと対処法

なるべく柔らかい食べ物を選択するようにし、固い食べ物はよく火を通すなどして柔らかくしてから食べるようにしましょう。

子供の矯正治療の痛みと対処法

子供の矯正治療は、大人の矯正治療に比べて比較的に痛みが少ないと言われています。その理由は動かす歯の範囲や数が、大人と比べて少ないからです。

また子供は適応能力が高く、その痛みに慣れてしまうため、大人より違和感に順応するのが早いためです。

どうしてもお子様が痛がる場合や、保護者として心配な場合は、かかりつけの矯正歯科医院で担当の歯科医師にご相談してみてください。

器具を調整してもらう

マウスピース矯正であれば、耐えられないほどの痛みは出にくいですがどうしても痛い場合は、担当医に相談してみましょう。器具を調整することで痛みが緩和されることがあります。

また、マウスピースが歯肉や舌に当たって痛い場合は、マウスピースをヤスリなどで削ることで痛みを取り除くことができます。

削りすぎてしまうと、変形してしまう原因になるので、不安な場合は、通院している歯科医師に削ってもらいましょう。少し研磨をしたり調整をすることで痛みが和らぐことがありますので、我慢せずにまずは相談することも大切です。

後戻りに関連する痛みの対応

耐えられないほどの痛みを感じられた場合やマウスピースの浮きが多い場合は、マウスピースの使用を一時止め、早めに担当医まで連絡をしてください。

※歯の後戻りを防ぐため長期間通院できない場合は、必ず最後に装着したハードのマウスピースを1日20時間以上装着するようにしましょう。

鎮痛剤について

あまりに痛みが強すぎる場合は、かかりつけの歯科医院で処方された鎮痛剤や市販で売られているロキソニンやバファリン、カロナールなどの痛み止めを服用することも可能ですが、上述した通り痛みの緩和が矯正の妨げに繋がることもありますので、担当の歯科医師と相談した上で用法と用量を守って服用しましょう。

(番外編)マウスピース矯正と顎関節症

顎関節症とは

口の開閉時にコリコリやカックンと音がしたり、痛みがある場合、顎関節症の疑いがあります。症状の重さは人それぞれですが、大きい物を食べることができなかったり、欠伸をするときに痛みを伴うことがあります。

顎関節症の原因は

今までは「顎関節症は噛み合わせが原因」と考えらていましたが、現在では情動系に主な原因があるということが明らかになりました。

現代の医学では、下記のことが原因とされています。

 矯正治療と顎関節症は無関係

矯正歯科の先進国であるアメリカの矯正歯科学会(AAO)で、歯の矯正と顎関節症の因果関係について見解を出していますが、矯正治療の内容や結果に関わらず「矯正治療が顎関節症に影響を及ぼすという根拠は無い」と公式に発表されています。

つまり、矯正治療は顎関節症に害は無いと明確に示しています

マウスピースが原因で顎関節症になったのでは?という口コミをインターネットなどで目にすることがありますが、これから矯正治療をする方はそのような心配はして頂かなくても大丈夫です。

ただし、マウスピース矯正を始めてから明らかに顎関節に違和感をおぼえたなどの症状が出た場合は、速やかに担当の歯科医師に相談しましょう。

まとめ

今回はマウスピース矯正に伴う痛みとその対処法をご紹介してきました。普段の生活に支障をきたすほど痛みを感じる人もいると思いますが、対処法などが分かっていれば少しは心持ちも変わるのではないでしょうか。

もちろん自分ひとりで判断ができないことは、担当の歯科医師に相談してみるのが良いでしょう。

またそれ以外にも費用や期間など、不安になっている方もいるかと思います。他の記事でそちらについても紹介していきたいと思いますので、引き続きご愛読お願い致します!

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

詳しく見る 公式サイトを見る

アソアライナーを始めようと思っている人に!失敗しないための4ヶ条とは?

アソアライナーはマウスピース矯正の一種で、様々なメリットがあります。歯並びがよくなるのは矯正の1番のメリットと言えますが、高額な費用がかかるので失敗だけはしたくないですよね。

今回は、アソアライナーによる矯正や、どうしたら失敗しないのかを解説します。

アソアライナー とは

アソアライナーは、日本の東京都に本社がある株式会社アソインターナショナルが製造するマウスピース型矯正装置です。

アソアライナーの公式HPはこちら

アソアライナーの治療方法


1. 矯正歯科で、顔と歯の写真撮影、レントゲン撮影、デジタルスキャンや歯型などをとる。
2. 日本にあるアソアライナーの技工所へ、歯形やレントゲン等のデータを送る。
3. 技工所で「ソフト」「ミディアム」「ハード」の3種類のマウスピースを製造して、矯正歯科に送る。
4. 7日間〜10日間で順番に「ソフト」「ミディアム」「ハード」の装置を段階的に取り替えて装着する(1ステップ)。
5. 歯形を取り、アソアライナーの技工所に送り、新しいマウスピースを製造してもらう。この工程を何度も繰り返して、歯の移動を確認しながら矯正治療をすすめていく。
6. 治療終了。歯の位置を安定させるための、リテーナー(保定装置)にハードタイプのアライナーを使用する。

アソアライナーの適用例


・抜歯無しで矯正可能な症例
・抜歯しても歯の根の移動が必要のない症例
・抜歯しなければならない症例だが、ワイヤー矯正による治療との併用が可能な方
・1日17時間以上、マウスピースを装着できる方

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

ここまでアソアライナー(マウスピース矯正)に関してご紹介してきました。しかし矯正はマウスピース型に複数種類、さらにはワイヤー矯正という全く違う矯正方法があります。ここからはワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いに触れながら、最適な矯正方法を見つけるヒントをお伝えしていきます。

矯正方法を大きく分けると、ワイヤー矯正とマウスピース矯正の2種類があります。ワイヤー矯正とはブラケットと呼ばれる装置を歯に接着し、ブラケットにワイヤーを装着することでワイヤーの弾性力を歯に加えます。

などが特徴としてあげることができます。

それに比べ、マウスピース矯正とは透明なマウスピースを交換しながら歯並びを整える歯列矯正方法です。

などが特徴としてあげることができます。

アソアライナーによる矯正で失敗する要因とは?

矯正の失敗とは

矯正の失敗として、再治療を希望される方は実はたくさんいます。

上記の内容が主なトラブル内容です。

失敗に繋がる要因

理由としては患者さんと担当医のコミュニケーション不足が挙げられます。

大切なことは、担当の先生とよくコミュニケーションをとることです。どうしても担当の先生に信頼がおけない場合は、セカンドオピニオンを他の先生に求めることも一つの方法です。一生付き合う大事な歯を預ける先生なので、自分の納得のいく先生を見つけることがとても大切です。

失敗しない為の4ヶ条

高額かつ治療期間の長い歯科矯正において、失敗は絶対にしたくないものです。アソアライナーで失敗しないための4ヶ条をご紹介します。

1.装着時間を守る

マウスピースの種類や患者個人の歯の状態によっても、マウスピースの装着時間は異なります。装着時間の目安として20時間程度を推奨されることが多いですが、ご自身の歯の状態や痛み、生活習慣に合わせ、医師に相談しながら決めていきましょう。

2.口腔状態をキレイなまま保つ

マウスピースの手入れを怠ると汚れが停滞し、口腔内は細菌が繁殖しやすくなります。そのため虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなります。

もし虫歯や歯周病になってしまった場合、矯正治療よりも虫歯や歯周病治療を優先して行うことになってしまうため、矯正治療が理想通りに進まなくなってしまう可能性があります。

起床後や就寝前・食後の歯磨きはしっかり行い、マウスピースの清潔を保つために下記を習慣付けましょう。

水洗いする

柔らかい歯ブラシを使って、マウスピースを清掃しましょう。研磨剤入りの歯磨き粉を使って磨いてしまうと、マウスピースが傷ついてしまう可能性があるので、その点はご注意ください。

市販の洗浄剤を使う

マウスピースの洗浄剤は、ドラックストアや歯科医院で販売されています。つけ置きタイプの洗浄剤や泡タイプの洗浄剤があるので、週に一回くらい洗浄すると清潔感を保てます。

超音波洗浄機を使う

一般の家庭にはありませんが、歯科医院には医療用超音波洗浄機を設置していることがあります。診療の際に、マウスピース洗浄の相談をしてみましょう。

3.受診日には必ず受診する

多くの人が一番経験があるのが、定期的に通院できないことかもしれません。生活やお仕事の都合で、受診を先延ばしにしてしまうこともあるかもしれませんが、それこそが落とし穴になってしまうことがあります。

治療に専念するためにも、担当の先生ときちんとスケジュールを立てた上で、マウスピースを時間通り装着することが、治療への近道です。

4.適した治療なのかしっかり相談する

アソアライナーで治療できる症例の範囲は限られています。アソアライナーは目立たないため、矯正中の外見を気にされる方には理想的な治療法です。しかし、元々大きな歯の移動などの治療には適していないため、ご自身の歯並びを治す治療法がアソアライナーが本当に最善なのかどうかを担当歯科医師にしっかり相談し、完成までのシミュレーションの説明を受けた上で納得して治療を開始するようにしましょう。

アソアライナーに限らずマウスピース矯正は管理がとても大切

マウスピースが傷んでいたり、破損していたりすると矯正治療に影響が出てしまいます。マウスピースの管理は、ご自身が徹底して管理していきましょう。

下記の方法にしたがって、正しくマウスピースの管理をしてください。

洗浄したあとはきちんと乾燥させる

マウスピースを濡れたままにしておくと、菌が繁殖しやすくなり、口腔トラブルに繋がる原因になります。自然乾燥させた上で、専用のケースにしまいましょう。

専用ケースに保管しておく

専用ケースに保存しておくと、破損や変形、紛失のリスクを防ぐことができます。また小さいお子様がいらっしゃるご家庭や、ペットなどを買っている方は、間違って口に入れてしまう可能性もあるため、そのリスクをケアしておく必要があります。

涼しい場所で保管する

マウスピースは熱に弱いものが多いです。部活動やクラブ活動で、屋外にいる時間が長い方などはバックに入れてしまったまま、マウスピースが柔らかくなってしまうという方もいらっしゃいます。できるだけ涼しい場所で保管するようにしましょう。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

詳しく見る 公式サイトを見る

Scroll Up