ワイヤー矯正の費用はいくらかかる?矯正の種類と相場を徹底解説!

2020/10/15

歯並びの重要性を感じる人は多く、大人になってから歯列矯正を始める人も増えてきました。歯列矯正にはいくつか種類がありますが、今回は最も歴史の古い矯正方法であるワイヤー矯正の気になる費用相場について解説していきます。

ワイヤー矯正は自由診療

ワイヤー矯正は自由診療のため、虫歯や歯周病の治療とは違い、保険が効きません。国民健康保険を利用した治療の場合、治療費は3割負担で済みます。しかし、歯列矯正は治療には当たらず、審美目的とみなされるので10割(全額)負担になります。

自由診療の場合、歯列矯正の治療費はそれぞれの歯科医院で決められます。そのため、同じワイヤー矯正でも、歯科医院によって金額が変わってきます。最初に聞いた費用が安いから、と思って決めた歯科医院でも治療を進めていくうちに期間が延長になったり、定期的な調整料が高かったりして最終的に高額な治療費になってしまうこともあります。

また、歯列矯正はその人の歯並びの状態や治療の進行具合によって治療期間が変わるので、比較が難しいといえます。

ワイヤー矯正の種類

ワイヤー矯正は昔からある矯正方法です。歯の前側にブラケットという装置を当てて、ワイヤーで固定して歯並びを整えます。最近は矯正していることが目立たないホワイトワイヤーや裏側矯正なども増えています。

メタルワイヤー

メタル(金属)のブラケットやワイヤーを使って矯正する方法です。メタルを使うメリットは、丈夫なことと費用が安く抑えられることです。

しかし歯の前側に装着するので、話したり食べたり口を開けるとすぐに矯正していることがわかり、患者の精神的な負担があります。また、サービス業で人と接する仕事をしている人は第一印象が変わってしまうので不向きな治療法といえます。

クリアブラケット

ブラケットに透明や白色のプラスチックやセラミックを使います。歯の表側に装着しますが、透明なので目立ちにくく、クリアブラケットを使用する人も増えています。またワイヤーもホワイトを選べば、さらに矯正がわかりにくくなります。

裏側矯正

歯の裏側にブラケットを当てワイヤーを通して歯を動かす方法です。口を開けても矯正装置が見えないので、普段の生活では、矯正していることが人にはわかりません。口を開けても見えにくい奥歯だけ表側にワイヤーをかけることもありますが、ほとんど目立たないでしょう。

裏側矯正は歯がデコボコしているので、治療が難しいと言われています。歯科医師の技術と経験が必要で時間もかかるので、表側矯正より高くなります。

また、下半分や上半分だけ矯正するハーフリンガルという裏側矯正もあります。裏側矯正は、特に下は表側矯正にしても目立ちにくく、費用も上下すべて裏側矯正よりも安くなります。

ワイヤー矯正の費用に含まれるもの

ワイヤー矯正の治療費に含まれるものを紹介します。

カウンセリング料

最初に歯科医師と相談する時間です。今の歯並びの悩みやどのような歯並びにしたいか、予算などを伝えます。歯科医師は実際に歯の状態を見て、歯列矯正の手段や治療期間、費用の見積もりなどを出してくれます。

矯正装置の費用

ワイヤーやブラケットなど矯正装置の費用です。メタルにするか透明なプラスチックやセラミックにするかで治療代が変わってきます。ただし、自由診療なのでメタルワイヤーと同じ料金にしている歯科医院もあります。

調整料

矯正治療期間中に定期的に歯科医院に行き、装置を調整する料金です。治療が終了するまでの約1年半〜2年ほど、月に一回程度歯科医院に行き、歯の動きをチェックし、ワイヤーの調整をします。

ワイヤー矯正をすると、歯磨きが難しくなりブラケットと歯の間やワイヤーの後ろなどに食べかすや歯垢がたまりやすくなるので、虫歯や歯周病のリスクが高まります。ワイヤーの調整と合わせて歯磨き指導なども受けます。

歯科医院によっては、調整料を取らず無料でチェックしてくれるところもあります。

保定装置

矯正治療が終了した後につける保定装置があります。矯正装置を外した後も歯が元の位置に戻ろうとする後戻り防ぐため、保定装置(リテーナー)をつけなければいけません。

保定観察費

この保定装置の様子をチェックするために、定期的に歯科医院に通院する必要があります。保定装置は約2年装着する必要があります。通院は最初のうちは1か月に一度、様子を見ながら2~3ヶ月に1回さらに、半年に1回と間隔を空けていきます。

この保定観察費がかからない歯科医院もあります。

ワイヤー矯正の費用の目安

矯正費用は、その人の歯並びの状態や矯正期間、選ぶ装置によっても変わってくるので一概には言えません。メタルとワイヤーの金額が違ったり、裏側矯正は表側矯正よりも費用が高いのが一般的です。

個々の症例や歯の状態によるので、あくまでも参考にしてください。

メタルワイヤー

金属を使ったワイヤー矯正です。表側にすると約70万円~150万円かかります。治療期間は2年~3年ほどです。

クリアブラケット

ブラケットを透明の目立たないものにすると、メタルワイヤーの治療費より5万円〜15万円ほど高くなります。しかし、歯科医院によってはメタルワイヤーと同じ料金で済む場合もあります。

裏側矯正

裏側矯正は表側矯正より高くなります。1.5倍ほどと言われるので100万円~150万円くらいかかると考えておきましょう。治療期間は3年程度で表側矯正と同じか、少し長くなる場合もあります。

ハーフリンガル矯正

上あごか下あごのどちらかを表側矯正にして、半分だけ裏側矯正にすると約80万円~130万円ほどかかります。下あごは話したり笑っても目立ちにくく、すべて裏側矯正にするよりも費用を抑えることができます。

カウンセリングで費用について詳しく聞く


ワイヤー矯正をするときは、一つの病院だけの見積もりやカウンセリングを受けるだけなく、複数の歯科医院で費用や治療方法について聞いてもっとも信頼できるところで歯列矯正を行いましょう。

安易に費用が安いというだけで決めるのは、おすすめできません。

支払い方法についても確認を

ワイヤー矯正の費用は、一括で最初に支払う方法とその都度支払う方法があります。それぞれメリットデメリットがあります。

一括で支払う場合、治療が長引いても追加料金は発生しません。しかし治療する前に一括で高額な料金を支払わなければいけません。都度払いにすると、調整料や保定観察費などをその都度支払えばいいので、最初にまとまった支払いをしなくて済みます。しかし、治療が長引いたりトラブルがあり通院回数が増えたりすると、総額が高くなってしまう可能性もあります。

まとめ

ワイヤー矯正の費用は、保険が効かないので全額負担しなければならず、高額になりがちです。歯並びの状態によって費用は変わりますが、100万円を超えることも珍しくありません。また、歯科医院によって設定している料金が違うので、できればいくつかの歯科医院でカウンセリングを受けて比較して検討するといいでしょう。

さらに、一括の前払いと都度払いのどちらが自分の症状にあっているかも、歯科医師と相談してみてください。安くない治療費だからこそ、満足できる歯並びを手に入れるために妥協せず選んでくださいね。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up