抜歯したら後悔する?!八重歯は抜歯しないで矯正を

大名幸一
2020/10/30

八重歯が気になって、どうにかしたい…。矯正はお金も時間もかかるし、抜いてしまえばいいんじゃないかなぁ。そんなふうに考えていませんか?八重歯を抜歯することには、さまざまなリスクがあります。抜歯してしまってから後悔しないようにしましょう!

八重歯を抜歯してはいけない理由

歯並びに自信がありますか?自信がある!と即答できる人は、割と少ないのではないでしょうか。歯並びにコンプレックスを感じている人は多いものです。チャームポイントのように思われる八重歯も、本人にとってはコンプレックスになっていることも。

八重歯が気になって治したいと思っても、矯正というとお金も時間もかかるイメージがありますね。なんとか簡単に治せないかと考えている人もいるでしょう。八重歯の程度によっては、「この歯を抜いてしまえばいいんじゃないかな?」と思う人もいるかもしれません。

八重歯とは、歯が歯列に収まりきらずに、重なるように生えている状態です。その重なっている歯を抜いてしまえば、お金も時間もそれほどかからないのでは…?しかし、結論から言うと、八重歯を抜いてしまうことはおすすめしません。

治すのならば、確かにお金も時間もかかりますが、矯正できちんと治すことをおすすめします。要らない歯のように思える八重歯、なぜ抜いてはいけないのでしょうか。

八重歯は歯の生え替わりのときにスペースがなくなってしまい、重なるように生えてしまい、犬歯が八重歯となることが多くあります。犬歯は永久歯の中でも生えてくる時期が遅く、犬歯が八重歯となり歯列から外れてしまいがちです。

犬歯は、ほかの永久歯よりも根が深く、歯の寿命も長いといわれています。「糸切り歯」とも呼ばれる先のとがった形をしており、ほかの歯と形状も違います。このとがった形状は、食べ物を噛むときにも重要な役割があり、また、「犬歯誘導」といって、噛み合わせでほかの歯の負担を減らす、正常な噛み合わせに欠かせない歯なのです。

また、安易に抜歯してしまうと、結果的に歯列にすき間ができてしまうこともあります。そのため、抜歯しないことをまず優先的に考え、どうしても抜歯しないと歯列に歯が収まりきらない場合にも、犬歯以外の歯を選択することになります。そのため、八重歯になっている犬歯を抜けばいいということではないのです。

八重歯を抜かずに矯正する方法

矯正することを決めたときに、どんな矯正方法があるか心配になるのではないでしょうか。歯の矯正にはいくつか方法があります。矯正期間は長くなることがほとんどのため、途中で「やっぱりやめたい」とならないように、自分にとって負担の少ない方法を選びましょう。

ワイヤー矯正

従来からおこなわれている矯正方法で、矯正といえばワイヤー矯正を連想する人もいるのではないでしょうか。この方法をすすめる歯科医師も多いのではないかと思います。

しかし、やはりワイヤーが見えることを気にする人は多く、社会人になってから矯正を考えた人は、仕事上無理、という人もいます。昔からあるギラギラした銀色のワイヤーではなく、白色のものもありますが、それでもやはりワイヤーをかけていることが見えてしまいます。

ワイヤーが見えることを気にする人には、裏側矯正といって、歯の裏側にワイヤーをかける方法もあります。しかし、裏側矯正では、表面にワイヤーをかけるよりも金額的に高くなる、舌にワイヤーが刺さり、話すときに支障が出るといったデメリットがあります。

ワイヤーは取り外すことができず、食事中も付けたままになるのですが、噛むときに違和感や痛みがあります。食べ物がワイヤーに挟まったり、歯磨きがしづらかったりということもあります。

ワイヤー矯正では、表面にワイヤーをかける場合でも、裏側にかける場合でも、ある程度生活に支障があることを考えたほうがいいでしょう。そのため、大人になってから矯正を考えた人は、日常生活に支障が出ることを考えて、躊躇することが多いようです。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は新しい矯正方法で、きちんとした矯正ができないと、否定的な意見の歯科医師もいます。しかし、マウスピース矯正の症例はどんどん増えており、十分な矯正効果があることが証明されています。

マウスピース矯正のメリットは、なんといっても負担が少ないことではないでしょうか。周囲に知られることもなく、生活面でも支障が出ることがほとんどありません。

矯正することが恥ずかしいからほかの人に知られたくないという人は、マウスピース矯正を考えてみてはどうでしょうか。マウスピースは透明で、被せてしまうと周囲の人からはわかりません。

取り外しができるため、食事のときや歯磨きのときには外すことができるので、食事のときの苦痛がなく、口の中の清潔も保てます。矯正期間中にずっと食事のときに嫌な思いをするのは、かなりのストレスになりますよね。マウスピース矯正なら、そんな心配はありません。

矯正のために、マウスピースはほぼ付けっぱなしの状態となるため、「こんなに長い時間付けるの…」と驚く人がいますが、そもそもワイヤー矯正では24時間付けっぱなしです。

1日のうちわずかな時間でも外せる時間があるということは、大きなメリットです。歯を矯正するためには、それだけ歯に力を掛けなければいけないということです。

八重歯は矯正した方が良い?

でも矯正するなんて大変そうだし、どうしよう…と迷っていませんか。虫歯と違い痛みがなければ、このまま放置しても大丈夫かな?と考えてしまいますね。八重歯を放置すると、どうなるのでしょうか。

八重歯を放置するとどうなる?

八重歯を放置した場合、まず気になるのはやはり見た目です。日本では八重歯はかわいいという考え方がありますが、それが通用するのは年齢が低いときであって、大人になってからは「歯並びの悪い人」という印象を与えてしまいます。

歯の矯正が当たり前になっている欧米では、喫煙や肥満と同じく「自己管理のできていない人」と受け止められてしまいます。日本では、歯科矯正に対する考え方はまだまだ遅れているのです。

八重歯を気にすることで、人前で笑えない、話すことが苦手、というように、深刻なコンプレックスになっていることもあります。

精神的な面だけではなく、健康上でもデメリットがあります。八重歯があるということは、歯並びが乱れているということ。そのため、虫歯のリスク、将来的には、歯周病のリスクも高くなります。

噛み合わせも合っていないことがあり、先程説明した犬歯誘導の役割を果たせず、ほかの歯に負担がかかる原因となります。

八重歯を治して素敵な笑顔を

八重歯を放置するといろいろな影響が出てきますが、なによりもまず、コンプレックスの原因となっている八重歯を治して、人前で思いっきり笑顔になってみたいと思いませんか?

口元を見られることが嫌で、いつもうつむきがちになっている、八重歯がわかるのが嫌で、写真に写ることも避けている。

八重歯を気にしている人は、こういう行動が思い当たるのではないでしょうか。八重歯があることで、積極的になれない。そんなふうに、行動にブレーキをかけてしまっていませんか。

マウスピース矯正では、負担が少なく矯正することが可能です。いつの間にか八重歯がない!と、周囲の人が驚くかもしれません。八重歯が気になる、でも、矯正していることを知られたくない…と考えている人には、最適な矯正方法です。

矯正後は、思った以上に自分に自信ができた!という感想の人がとても多くいます。それだけ、八重歯がコンプレックスになっていたということですね。

自分では気にしていないつもりでも、つい人前で口元を隠してしまう…なんていう癖がありませんか?気になる八重歯を治して、堂々と笑顔になりましょう!

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

この記事の監修医

大名幸一 先生

だいみょうこういち

医療法人クワトロサンテ 大名歯科 院長

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up