プチ矯正の部分矯正が気になる!できないケースがあるの?

2020/10/30

全体的な矯正ではなく気になる部分だけを治すプチ矯正として、部分矯正を検討する人がいます。しかし、部分矯正ができないケースや、結果に満足できず結局は全体の矯正をすることになる人もいます。部分矯正ができないケースとは、どのような症例でしょうか。

部分矯正とは

部分矯正という方法があるのを知っていますか?部分矯正ではすべての歯を矯正するのではなく、気になる数本の歯だけを矯正する方法です。全体的に矯正するよりも費用も安く、矯正期間も短いことから、部分矯正を希望する人もいます。

部分矯正では、矯正したい数本の歯のみに器具を付けて矯正します。全体的な矯正では、すべての歯に動かすための力を掛けますが、部分矯正では一部の歯だけになるので、痛みが少ないというメリットもあります。矯正では歯を動かすための痛みがどうしてもありますが、部分矯正では動かす部分が少ないため、痛みが少なくなります。ただ、痛みの感じ方は人によって異なるため、必ずしも痛みが少ないということではありません。

治療期間が短く、費用の面でも安くなるとなれば、「ちょっとこの部分だけを治したい…」という人にとっては、部分矯正で済ませたいと考えるでしょう。しかし、いくら自分が部分矯正を希望したとしても、できないケースもあります。

部分矯正ができないケースがある?

前歯だけを治したいから、部分矯正を希望したのにできないって言われた…。全体を矯正するとお金も時間もかかるのになぜ?と疑問に思うかもしれません。しかし、自分では部分矯正で十分と思っていても、実際には全体的な矯正が必要な場合があります。

噛み合わせに問題がある場合

歯並びが悪いと、噛み合わせがずれていることが多くあります。自分では気にしていないことが多くありますが、噛み合わせが悪く、部分矯正では不十分なケースが多くあります。

自分としては、ごく一部が気になるだけなのに、全体を矯正すると言われると納得がいかないかもしれません。しかし、自覚していないだけで、噛み合わせが悪いことで身体のさまざまなところに影響が出てくることがあります。

頭痛や肩こりが何をしても改善されないという人は、噛み合わせが影響していることがあります。何の関係もないように思うかもしれませんが、噛み合わせがずれていると、噛む動作をしたときに不自然な力の入り方をするため、首周りの筋肉に影響し、頭痛や肩こりの原因となることがあります。

そのほか、十分な咀嚼ができていなく、消化器官に負担をかけていることもあります。噛み合わせがずれている状態が続くことで、顎関節症の原因となることもあります。

このように、自分では噛み合わせを意識していなくても、身体のあちこちに影響している場合があります。自分ではごく一部の歯並びが気になる程度でも、噛み合わせ自体が合っていないというケースは多くあります。

機能面を正常にすることも大事

歯の矯正を考えたときに、見た目のきれいさだけを考えてしまいがちですが、歯の本来の目的は食べ物を咀嚼することで、機能を十分に果たせないのでは意味がありません。

噛み合わせがずれていることを無視して部分矯正だけをおこなって、さらに噛み合わせが悪化してしまうことも考えられます。そのため自分では部分矯正で十分と思っていても、断られてしまうことがあるのです。

見た目の歯並びももちろん大切ですが、歯としての機能が不十分だったり、機能が低下してしまったりという矯正では、最終的には時間もお金も無駄にしてしまうだけです。

部分矯正で適応できるのか、全体的な矯正が必要なのか、しっかりと診てもらう必要があります。

部分矯正を希望する人の中には、矯正器具を付けたときの見た目を気にして、できるだけ短期間で済ませたいと考えている人もいます。矯正するためには仕方ないことだけど、どうしても器具を付けることに抵抗があって、できるだけ短期間で済ませたい!

矯正器具の見た目が気になるという人には、マウスピース矯正をおすすめします。マウスピース矯正なら、矯正していることが見た目でわかりにくいため、もし全体的な矯正が必要となり、矯正期間が長引いても見た目を気にすることなく矯正することができます。

マウスピース矯正でも部分矯正は可能

マウスピース矯正は、全体矯正よりも部分矯正に向いています。部分矯正でも、マウスピースは歯列全体に装着することになりますが、指定された装着時間を満たせば着脱が可能なため、部分矯正でワイヤーを掛けるよりも快適に過ごすことができます。

部分矯正にはマウスピース矯正が向いている

以外に思うかもしれませんが、部分矯正にはマウスピース矯正のほうが向いているという意見もあります。マススピース矯正と、ワイヤー矯正では部分矯正に関する考え方が違います。

ワイヤー矯正では、部分矯正をするときには、その歯だけにワイヤーをかけて矯正します。しかし、動かす予定のない、ワイヤーをかけていない歯も、影響を受けて動いてしまうことがあります。部分矯正で動かしたい歯だけを動かすというには、簡単なようで実際は難しいのです。

部分矯正のほうが簡単なイメージがありますが、実際には部分矯正は難しく、適応するケース、しないケースがあります。でも、噛み合わせに問題もなく、少しの矯正だけですむなら、部分矯正をやりたいと考えるでしょう。

マウスピース矯正では、部分矯正でも全体にマウスピースを被せます。動かしたい歯、動かしたくない歯を選択します。動かしたくない歯は、マウスピースで動きを固定されるので、効率よく希望する歯だけを動かすことができます。

マウスピース矯正でも、部分矯正で済むようなケースであれば、費用も通常より安く、治療期間も短く済みます。部分矯正が適応する人は、マウスピースでの部分矯正を考えてみることをおすすめします。

マウスピース矯正のメリット

部分矯正にも向いているマウスピース矯正ですが、もちろん通常の矯正でも、多くのメリットがあります。マススピース矯正のメリットはどのような点なのでしょうか。

マウスピース矯正は、周囲に矯正していることを気付かれにくく、内緒で矯正したいという人にはおすすめの矯正方法です。透明なマウスピースを被せますが、歯にピッタリとフィットするため、見た目ではマウスピースを付けていることがほとんどわかりません。

じっくりと歯を見ればわかるでしょうが、ほかの人の歯をそんなにじっくりと見るようなことはないですよね。通常の生活の中では、まず気付かれないでしょう。

食事のときの不自由さもありません。マウスピースを外して食事をして、しっかりと歯磨きをしてからまたマウスピースを装着します。いままでと同じく食事をすることができるので、ストレスがありません。

ワイヤー矯正では、ワイヤーが当たる部分に口内炎ができたり、ワイヤーで傷ができてしまったりということがありますが、マウスピース矯正ではそのようなことがありません。スポーツをする人も、矯正器具による怪我の心配なくスポーツを楽しむことができます。

マウスピース矯正は決められた時間、1日約20時間以上装着している必要がありますが、ワイヤー矯正では24時間付けたままであることを考えると、少しの間でも外すことができるのは、大きなメリットなのではないでしょうか。

もし部分矯正ができなくて、全体的な矯正が必要になったとしても、マウスピース矯正なら生活にストレスを感じずに矯正することができます。

部分矯正が適応になるかどうかは自己判断が難しいため、歯科医師に診断してもらいましょう。部分矯正が適応にならない症例であっても、全体矯正の実績が豊富なマウスピース矯正装置もあるため、担当の歯科医師と相談して矯正方法を選択しましょう。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up