裏側矯正のメリットは目立たないだけではない!大人も始めやすい矯正

2020/09/30

歯並びが悪いと見た目の印象だけでなく、体にさまざまな不調がでます。大人になってからでも歯列矯正はできるので、気になる場合は歯並びを治した方がいいですが、目立つ矯正装置をつけることが精神的な苦痛になり、ためらう人も少なくありません。裏側矯正は、矯正していることが目立たずに歯並びを整えられる方法です。

歯並びの悪さが及ぼす体への影響


歯並び悪さは、見た目の印象だけではなく体のさまざまな部分に悪影響を及ぼします。歯並びが悪いまま放置しておくと別の病気の引き金になることもあるので注意が必要です。

虫歯や歯周病

歯並びが悪いと、奥歯や歯と歯の間など、細かいところまで歯ブラシが届気にくかったり、歯間ブラシやデンタルフロスが通らなかったりするので、食べカスや歯垢がたまりやすくなります。そのため虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。また、口臭の原因にもなります。

顎関節症

歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなります。ものを噛むときに、特定の部分の歯だけに偏った圧力がかかって顔の歪みの原因になることもあります。

さらに、あごの関節や筋肉にも負担がかかるので顎関節症になるリスクがあります。

頭痛や肩こり

噛み合わせが悪いと咀嚼するときに余計なところに力が入るので、あごや首の筋肉がこわばります。そのため、血流が悪くなり慢性的な肩こりや頭痛が起こる場合もあります。

裏側矯正とは?

歯並びを整えるためには歯列矯正が行われます。従来からあるワイヤーを使った矯正は、ブラケットという3〜5mmの装置を歯面に装着して、そこにワイヤーを通して歯に圧力をかけながら少しずつ歯を動かしていきます。

ブラケットとワイヤーを歯の表側に装着する歯列矯正を表側矯正といいます。ブラケットはメタル(金属)の他に、白色や透明のプラスチックやセラミックを選択することもできますが、目立ちにくいとはいえ、よく見ると矯正していることはすぐに分かってしまいます。そのため見た目の印象を気にして矯正治療を躊躇する人も少なくありません。

一方、裏側矯正は表側矯正とは違い、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着するため、矯正していることが周りの人には分かりません。そのため、表側矯正と比べて審美的に優れているといえます。

裏側矯正のメリット

裏側矯正は舌側矯正やリンガル矯正とも言われます。一般的な表側矯正に比べて、裏側矯正は目立たずに歯並びを整えることができます。

矯正していることがバレない

裏側矯正のもっとも大きな特徴は、歯の裏側に矯正装置を装着するため、矯正していることが他人に分からないところです。そのため、矯正期間中の見た目に関する精神的なストレスがなくなります。

裏側矯正でも奥歯の部分などの一部だけ表側に装置をつける治療法もありますが、この場合も普段の生活の中で他の人に気づかれることはほとんどありません。

虫歯になりにくい

表側矯正をすると、ブラケットと歯の間に食べカスがつまりやすく虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。そのため、歯科医院で定期的に検診を受け、虫歯予防を行わなければいけません。

裏側矯正の場合、食べ物が装置に挟まったり磨き残しが出ることが表側矯正よりも少なく、歯の裏側には唾液が循環しているので殺菌効果もあり、虫歯になりにくいといわれています。

前歯が早くきれいになる

裏側矯正は、歯を後ろの方に引っ張る力が強い傾向にあるので、前歯の移動がしやすい特徴があります。矯正を始めてから早い段階で前歯が整ってくるので、歯並びが良くなる実感を得やすいでしょう。

特に受け口や出っ歯など、前歯を後方に移動させるタイプの歯列矯正には裏側矯正はとても有効な治療方法です。

スポーツや運動の制限がない

表側矯正は、歯の前面にブラケットを装着するので、転倒する恐れがあるスポーツや、体をぶつけ合う競技など激しい動きのあるスポーツは口腔内を傷つける恐れがあり、矯正期間中は制限される場合があります。

しかし、裏側矯正ならば、ブラケットを装着するのは歯の裏側なので、唇や口の中を傷つける心配がなく、運動の制限はほとんどありません。

裏側矯正のデメリット

表側矯正よりも利点が多く感じる裏側矯正ですが、デメリットもあります。

違和感を感じる

裏側矯正は舌がある側にブラケットをつけるので、装置が舌に当たって違和感を感じる人がいます。また、裏側に装置をつけることで下あごのスペースが狭くなるので、装着してしばらくは滑舌が悪くなることがあります。

徐々に慣れてはいきますが、最初は喋りにくかったり、舌足らずのような話し方になる場合もあります。喋り方に影響が出るのを避けたい人は、上あごを裏側矯正にして、下あごだけ表側矯正にするやり方もあります。

下あごは表に矯正装置をつけても目立ちにくく、喋り方に影響がほとんどありません。

治療期間が表側より長くなる場合も

裏側矯正は、ブラケットの間隔が狭いので矯正する力が強くなっています。そのためワイヤーの力を弱める必要があり、治療期間は表側矯正よりも長くなる場合があります。

費用が割高

裏側矯正は、表側矯正に比べて費用が割高になります。裏側矯正をする場合、表側と同じ装置は使えません。また、歯の裏側は、表側に比べて形が不揃いで複雑なので、1人ひとりの歯並びに合わせて矯正装置を作る必要があります。

一般的に裏側矯正は表側矯正の約1.5倍の費用がかかると言われています。また、裏側矯正も自由診療なので、歯科医院によって値段に差があります。

施術が難しい

デコボコした歯の裏側にブラケットを当ててワイヤーを通すのは、非常に難しい処置です。また、ワイヤーの調節は技術が必要で時間もかかります。裏側矯正は、表側矯正に比べて治療が難しいので、技術や経験のある歯科医師に依頼する必要があります。

裏側矯正は難しく時間がかかることも費用が高くなる理由の一つです。

裏側矯正がおすすめの人

矯正していることが分からない裏側矯正がおすすめの人について紹介します。

矯正期間中の見た目が気になる人

一般的な表側のワイヤー矯正は、個人差がありますが矯正期間が1年〜3年ほどかかります。

表側矯正を選んだ場合、矯正期間中は話したり笑ったりするとすぐに矯正していることがわかってしまうため、精神的なストレスを抱える人も多くいます。しかし裏側矯正なら他の人には分かりません。

今まで矯正の見た目が気になって諦めていた人や迷っていた人にぜひおすすめです。

接客業や営業など

見た目が重視される接客業や営業などの仕事につく人は、歯列矯正をしたくても表側矯正ができない場合があります。しかし裏側矯正なら、見た目に変化がないので、仕事に支障がなく歯並びを整えられます。

前歯を中心に歯並びを整えたい人

裏側矯正は、表側矯正とは力のかかり方が違います。前歯を後ろに引く力が強くなるので、前歯を中心に歯並びを整えたい人には効果的な治療方法です。

まとめ

裏側矯正は、歯の裏側にブラケットやワイヤーを装着するので、矯正していることが他の人から分からず、見た目に関する精神的な負担もなく歯並びを整えられる方法です。接客業や営業など第一印象が大切な仕事をしながらでも治療ができます。

また、表側矯正よりも虫歯になるリスクが少なく、スポーツや運動の制限もないので矯正中も矯正前とほとんど同じ日常生活を送ることができます。

ただし、裏側矯正の方が治療が難しく、技術と実績のある歯科医師に処置してもらう必要があるため表側矯正よりも費用が高額になります。また、治療期間も表側矯正に比べて若干長くなる場合があります。

まず、裏側矯正の経験が豊富な歯科医師に相談し、費用や期間のことなどを詳しく聞きましょう。歯科医院によって費用が変わってくるので、いくつか相談して納得できるところで治療をしましょう。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up