裏側矯正のデメリットとは?

2020/10/30

矯正器具が表面から見えずに矯正できる裏側矯正。矯正していることを人に知られたくないから…と、選択する人が多いですが、実はいろいろなデメリットも…。裏側矯正には、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

裏側矯正のデメリットとは

実際に、裏側矯正にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。知らずに裏側矯正を選択して、あとから後悔するようなことは避けたいですね。治療法を選択するときには、デメリットについても知っておく必要があります。

滑舌が悪くなる

裏側矯正では、表面から見えないようにワイヤーを歯の裏側にかけるのですが、そのことによって、滑舌が悪くなってしまうというデメリットがあります。

普段はあまり気にしていないかもしれませんが、発音するときには、歯の裏に舌を当てる必要が出てきます。あいうえおを順に言ってみると、歯の裏に舌を当てる場面はかなり多くあります。

裏側矯正では、歯の裏に舌を当てようとすると、ワイヤーが舌に刺さってしまい、うまく舌を当てることができません。痛みをこらえながら話すことになるため、話すこと自体も苦痛に感じ、発音自体もはっきりせず滑舌の悪い状態となってしまいます。

仕事などで人と話す機会の多い人にとっては、かなりのデメリットとなってしまうのではないでしょうか。裏側矯正のワイヤーは自分で取り外すことができないため、常に付けたままの状態となります。

徐々に慣れるとはいいますが、慣れるまでの期間は不便さを感じることになり、それまでの間、仕事に支障が出るのは困る…という人もいるのではないでしょうか。

ワイヤー部分に汚れがたまりやすい

十分に歯磨きをしたつもりでも、どうしてもワイヤーの周囲は汚れがたまりやすくなってしまいます。歯の裏側は、表面よりも唾液で汚れが流れやすく、見えない場所であるとはいえ、汚れが蓄積されると虫歯の原因となるだけでなく、口臭の原因ともなります。

歯科を受診したときにはきれいにしてもらうことができますが、自分で日頃の手入れが十分にできないことをストレスに感じてしまう人もいます。特別歯磨きに力を入れている…というような人でなくても、口の中の清潔が保たれないのは嫌ですね。

歯の裏側は普段でも歯ブラシがうまく行き届かない場所です。それに加えてワイヤーがあると、清潔にしておくことはなかなか大変です。

食事のときにストレスがある

ワイヤー矯正では、表面にかける方法でも、裏側矯正でも、食事のときに違和感を感じることが多くなります。違和感どころか、痛くて食べ物を噛むことができないという人も…。

ワイヤーに食べ物が絡まってしまうということもあり、食事をストレスに感じることが多くなってしまいます。食事は人間の三大欲求のひとつである食欲を満たすためだけでなく、リラックスの時間としての楽しみもあります。そんな食事の時間が苦痛となってしまうのは、かなりストレスになりそうです。

矯正期間は長く、ワイヤーを途中で外すこともできないため、矯正期間中は食事のストレスを抱えていなければいけません。食事の時間が楽しみな人にとっては、かなり苦痛を感じることになりますね。

他の矯正方法より費用が高額

裏側矯正は表側のワイヤー矯正よりもワイヤーを掛けることが難しく、そのために費用も高額となってしまいます。装置を作ることに費用が掛かるほか、ワイヤーをかける技術も必要とされるため、費用がかさみます。

他の矯正方法と比べても割高となり、できれば矯正費用を少しでも抑えたい!と考えている人には不向きな方法です。

多くの人が、できれば費用は抑えたいと考えるのではないでしょうか。いくらかかっても構わないという人は別ですが、生活面でのデメリットも多く、費用も高額…となれば、ほかに選択肢がないかな…と悩んでしまいますね。

いろいろなデメリットがある裏側矯正ですが、じゃあなぜ裏側矯正を選ぶ人がいるのか。裏側矯正のメリットは、どのような点なのでしょうか。

裏側矯正のメリットとは?

裏側矯正を選択する人は、どんな点をメリットとして裏側矯正を選択しているのでしょうか。裏側矯正の一番のメリットは、ワイヤーが表面に見えないということでしょう。人に知られずに矯正をしたいと思う人は多く、そういう人にとっては歯の表面にワイヤーをかけない裏側矯正は、大きなメリットがあります。

そのほかにも、舌で歯を押し出す癖のあるは、裏側矯正をすることでその癖を改善することができます。先ほど歯の裏側に舌を当てることができないと解説したように、舌で歯の裏に触れると、舌先にワイヤーが刺さり、痛みがあります。

舌で歯を押し出す癖は、出っ歯の原因となり、せっかく矯正してもその癖が残っていると、また舌で歯を押してしまい、せっかく矯正したのにまた戻ってしまうことがあります。

たかが癖…と思うかもしれませんが、このような癖で歯を押し出す力は、矯正で歯にかける力よりもかなり強いのです。痛みを感じれば、舌で歯の裏に触れることを避けるようになるので、矯正が終わるころには、癖を解消できていることもあります。

他の目立たない矯正方法は?

どうしても人に知られないように矯正したいけれど裏側矯正のデメリットが引っかかる方には、マウスピース矯正がおすすめです。新しい治療法のため、マウスピース矯正は十分な矯正ができないという意見もありますが、マウスピース矯正の症例数は増加しており十分な矯正効果があることがわかっています。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを装着し歯に力をかけ矯正します。デメリット、メリットについて見てみましょう。

マウスピース矯正のデメリットとして、装着時間が長いことがあります。マウスピースは自分で取り外しができるので、1日のうち数時間装着していればいいようなイメージがありますが、実際は20時間以上装着していないと、矯正することができません。

ワイヤー矯正では常にワイヤーをかけている状態なので、矯正したいと考えたときには、どのような矯正法でも装置は付けたままだという覚悟が必要でしょう。歯を動かすためには、かなりの力が必要なのです。

また、骨がずれているような症例や、顎の大きさに問題があるような症例では、マウスピース矯正の適応外となることがあります。

マウスピース矯正のメリット

マススピース矯正も、裏側矯正と同じように、人に知られずに矯正をすることが可能です。マウスピースは歯に密着するので、付けてしまうとほかの人にわかることはほとんどありません。

裏側矯正のように、滑舌が悪くなるといった心配もありません。接客業など、人と接することの多い人でも問題なく過ごすことができます。

食事のときにはマウスピースを外してしっかりと食事を楽しむことができます。歯磨きもいつも通り十分にできるので、口の中が不潔に感じることもありません。

マウスピース矯正は、人に知られずに矯正をすることができ、生活面での支障も感じる場面がほとんどありません。人に知られたくないから…と、裏側矯正を検討していた人にとって、マウスピース矯正のメリットは魅力的ですよね。

やはり矯正していることを周囲に知られるということに抵抗を感じる人は多くいます。日本では、まだまだ矯正は恥ずかしいという意識があり、隠したいと思うのも自然なことです。

人から見えないというメリットで裏側矯正を考えていた人は、マウスピース矯正を検討してみませんか?デメリット面から考えると、マウスピース矯正のほうが生活に支障のあるデメリットは圧倒的に少なくなります。矯正している期間も、ストレスなく生活できるように考えてみませんか。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up