裏側矯正は舌癌になる?裏側矯正と舌癌の関係とは

2020/10/30

「裏側矯正で舌癌になる」こんな話を聞いたことがありますか?裏側矯正で、舌癌になるなんてことがあるのでしょうか。歯列が整っても、癌になってしまっては意味がありません。舌癌と裏側矯正は関係あるのでしょうか。

裏側矯正とは?

裏側矯正とは、ワイヤー矯正のワイヤーを歯の表面ではなく、裏側にかける方法です。通常のワイヤー矯正に比べて費用がかかりますが、ワイヤーが見えることがないため、矯正をしていることを周囲の人に気付かれたくないという人は、裏側矯正を希望します。

大人になってから歯科矯正をしようと考えた人は、多くはワイヤーを見られることに抵抗を感じるようです。昔からあるようなギラギラした銀色のワイヤーではなく、透明な目立たないように工夫されたワイヤーもありますが、それでも歯は人目に付くことも多く、目立つような場所なので、透明なワイヤーでも人には気付かれてしまいます。

ワイヤーを見られたくないという人にとっては、裏側矯正は大きなメリットがあるのです。

しかし、ワイヤー部分が歯の裏側にあるため、舌の先にワイヤーが刺さるというデメリットがあります。話すときにも、歯の裏に舌を当てて発音することは多く、話すときにもワイヤーが刺さってしまうため、滑舌の悪い話し方になってしまいます。

気を付けていても、舌にワイヤーが当たらないようにすることはかなり難しく、舌に傷ができてしまい、食事のときにも痛みを感じるようになってしまうことも。

裏側矯正では、舌への刺激は避けることができません。ワイヤーは付けたままで自分で取り外すことができないので、痛みがあっても我慢して慣れるのを待つしかありません。

舌への刺激が常にあることで、裏側矯正は舌癌の原因になる、という話もあります。本当にこのようなことがあるのでしょうか?

裏側矯正が舌癌の原因になる?

歯の矯正をするはずが、癌の原因になることがあると聞いては、かなり不安を感じます。舌癌と聞いても、どのような癌なのかよくわからないという人もいるでしょう。舌癌とはどのような癌で、裏側矯正が原因になるということはあるのでしょうか。

舌癌とは

舌癌とは口腔にできる癌のひとつです。口腔癌と聞くとあまり馴染みがないかもしれませんが、癌は身体中いろんなところにでき、口腔内も例外ではありません。口の中のいろいろなところに癌はできますが、舌癌は口腔内にできる癌の中で約60%を占めます。

初期症状として、発赤やただれと痛みがあります。舌に違和感があり、潰瘍ができることもあります。歯科に通院しているときに発見されることが多いのですが、もし舌に潰瘍やただれなどの症状があり、なかなか治らないというときには、病院を受診した方がいいでしょう。

癌は舌の側面や裏側にできることが多く、癌の原因ははっきりとわかってはいませんが、飲酒や喫煙のほか、虫歯などで歯が欠けて常に舌に刺激がある、噛み合わせが悪く、いつも舌を噛んでしまうなどの刺激が原因と考えられています。

舌癌の患者は増加傾向にあり、舌を噛んだり欠けた歯で傷付いていたりすることが多いと、舌にただれや潰瘍があってもいつもの傷かな…と放置してしまうことがあるようです。

舌癌の原因は、慢性的な舌への刺激だと考えられています。普段は気にしていないかもしれませんが、虫歯があると知らずに舌で触っていることもあり、尖った部分があると、知らず知らずのうちに舌に刺激を与えてしまっているのです。

裏側矯正は舌癌と因果関係がある?

裏側矯正では、舌にかなりの刺激を与えていることになります。矯正は長期間になり年単位になることも。その間舌にずっと刺激を与えていることになるのです。

裏側矯正が原因で舌癌になると因果関係がはっきりしているわけではありませんが、舌癌の原因として舌への刺激が挙げられていることは確かです。舌への刺激になるようなことは、できるだけ避けたほうがいいということになります。

それでも、周囲の人からワイヤーが見えないというメリットを重視する人は多くいます。単にワイヤーを見られたくないからというだけでなく、仕事で人前に出ることが多い人だと、仕事上の問題が出てくることもあります。

矯正は決して悪いことではありません。しかし、接客業などでワイヤーが見えてしまうのはちょっと…という事情がある人もいます。癌のリスクがあるというのは怖いけど、ワイヤーを見せたくない…。そんな人におすすめなのが、マウスピース矯正です。

マウスピース矯正なら舌への刺激が避けられる

歯科矯正というとワイヤー矯正をイメージする人が多いでしょうが、マウスピースを使用した矯正をする人が増えてきています。マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べてデメリットが少なく人気のある矯正方法です。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを歯の全体に被せて矯正をします。ほかの人に見えないの?と気になりますが、マウスピースは歯にピッタリとフィットするので、マウスピースを被せていることは周囲の人にはほとんどわかりません。

裏側矯正のように話し方に違和感が出ることもなく、いつもと変わらず過ごすことができます。マウスピース矯正でも歯を動かす痛みはありますが、ワイヤー矯正に比べて痛みが少なく、口の中をワイヤーで傷つける心配もありません。

食事のときにも、ワイヤー矯正では、噛むときに痛みを感じ、噛むことができないという人もいますが、マウスピース矯正では食事のときに外すことができるので、違和感なく食事をすることができます。

口の中の清潔も保ちやすく、ワイヤー矯正のように食べ物がワイヤーに絡まるというようなストレスを感じることもありません。

生活面でデメリットを感じることが少ないマウスピース矯正ですが、取り外しができるとはいえ、1日のうちほとんどの時間はマウスピースを装着している必要があります。

1日あたり20時間以上はマウスピースを装着している必要があるので、外せるのは食事のときと歯磨きのときくらいと考えたほうがいいでしょう。装着時間の長さに、「そんなに付けてなきゃいけないの」と思う人もいるようですが、歯を動かすためにはそれなりの力が必要となります。

少しでも不安を減らしたい人はマウスピース矯正を

周囲の人に知られたくないからと裏側矯正を考えていた人も、舌癌のリスクを聞いて不安になったのではないでしょうか。マウスピース矯正は、矯正器具が目立たず、口の中を傷つけることがほとんどないため舌への刺激もありません。

矯正器具を人に見られたくないからという理由で裏側矯正を検討するのであれば、マウスピース矯正でもその条件を満たすことができます。

舌癌のリスクだけでなく生活面で出てくる発音のしづらさや食事のしにくさなどの裏側矯正のデメリットも、マウスピース矯正では感じることがありません。

マウスピースできちんと矯正できるのか不安に思っている人もいるかもしれませんが、マウスピースで矯正した症例は数多くあります。マウスピース矯正を選択する人も増加しておりこれからさらに増えていくことでしょう。

舌癌のリスク及びその他の理由で裏側矯正を検討し直そうと考えている人は、ぜひマウスピース矯正を選択肢に入れてください。

口の中に取り外しができない矯正器具があるというのは、思ったよりストレスになるものです。マウスピース矯正でストレスの少ない矯正生活を送りましょう。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up