マウスピース矯正の見た目は?目立たない大人の歯科矯正を徹底解説!

加藤泰一郎
2020/09/28

マウスピース矯正とは、マウスピースのような透明の装置で歯を覆うことで歯並びを改善する近年人気の矯正治療です。従来のワイヤーを使った歯科矯正では、金属でできた装置の見た目に抵抗があり「矯正治療を諦めていた…」という方もいるのではないでしょうか。しかしマウスピース矯正は、装置が透明で見た目が目立たないのが大きなメリットです。今回はマウスピース矯正の見た目に関する疑問やメリット、注意点を紹介します。

マウスピース矯正とワイヤー矯正の見た目の違い

歯科矯正治療にはワイヤー矯正、マウスピース矯正、新型ブラケット矯正など様々な方法がありますが、1〜2年と長い期間歯に装着するためどうしても見た目が気になります。仕事やプライベートなど「出来ることなら誰にも気づかれることなく矯正治療を完了させたい」と思う方も少なくないのではないでしょうか。

ワイヤー矯正はブラケットの見た目が気になる

歯科治療で最も一般的な方法は、ワイヤー矯正です。この方法は歯の表面に金属や樹脂、セラミックでできたブラケットと呼ばれる小さな矯正装置を取り付け、そこにワイヤーを通して引っ張り、力をかけることで歯並びを正します。

様々な症例に対応できるメリットがある反面、口を開けた時に見えるブラケットに抵抗がある方も多いです。

マウスピース矯正は見た目がスッキリ

最近の歯科矯正治療で注目されているプラスチック素材の透明なマウスピースを使った矯正方法です。オーダーメイドで作られたマウスピースは歯に馴染み、見た目ではほとんど分からないのが人気の理由です。

とても近くで見ると少し光沢があるものの、よほど近くでみないと分からないので、ほぼ誰にも気づかれず歯科矯正治療を完了させることが可能です。

マウスピース矯正で大きく変わる見た目

マウスピース矯正の大きなメリットは清潔感のある透明なマウスピースですが、日常の様々なシーンにおいても従来のワイヤー矯正と比べてマウスピース矯正を選ぶメリットがたくさんあります。

治療中でも改善された歯並びを実感できる

大人になってから歯並びを治したいと思う理由は、「子どもの頃から歯並びにコンプレックスがあった」「見た目の美しさを追求したい」「仕事での印象をさらに良くしたい」など、歯の見た目を改善したいと思っている方が多いのではないでしょうか。歯並びをよくするためといえども矯正している感はあまり出したくないですよね。

ワイヤー矯正では、少しづつ歯並びがよくなってきても矯正装置を外すまでは、はっきりと改善した歯並びを実感することができません。それに加え、見た目に歯科矯正をしている感じが出てしまう審美的なデメリットがあります。マウスピース矯正なら少しずつ綺麗になっていく歯並びを治療中でも実感できる上、透明の着脱可能な矯正装置なので審美的な問題をクリアできます。

見た目を気にせず思いきり笑える

マウスピース矯正の見た目は透明なのでもともと目立ちませんが、旅行での写真撮影など大切なシーンや、結婚式や成人式などどうしても外したいシーンで、自由に取り外しができる大きなメリットがあります。

1日の決められた装着時間をしっかりと守りさえすれば、大切なイベントなどいざという時に安心して装置を外し、思いっきり笑顔で写真を取ることができます。

外食はメニューを気にせずに楽しめる

従来のワイヤー矯正は装置をつけたまま食事をするため、装置の破損に繋がるような硬い食べ物や装置にくっつく食べ物は避ける必要がありました。また、カレーやコーヒーなどを飲食すると色素が付き、長期間使い続けるブラケットが黄ばんでしまうため、外食でのメニュー選びには気を配る必要がありました。

しかしマウスピース矯正では、装置を外してから食事をし、歯磨きをしてから再度装置を付け直すことができるため、矯正装置の破損や色素が付着する心配をすることなく外食でも普段通りの食事が楽しめます。

見た目だけじゃないマウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正は使い捨てで清潔

マウスピース矯正は2週間に1度ほどのペースで、歯の動きに合わせて装置を交換しながら治療を行います。プラスチック製のマウスピースは短期間での使い捨て交換ができるので、長期間つけ続けるタイプのものより衛生面でも安心です。

歯磨きも普段通りで口内トラブルが少ない

マウスピース矯正は自由に着脱ができるので、歯磨きの際には普段と変わらない歯磨きができます。装置の隙間に食べカスが溜まることもなく常に口内を清潔に保てるため歯科矯正中の虫歯の可能性も軽減できるでしょう。

ワイヤー矯正では、日常生活やスポーツ時に口内を装置でケガしてしまうケースもありましたが、マウスピースは柔らかいプラスチックでできており尖った部分もないので装置が原因の口内炎などのリスクも少なくなります。

アレルギーフリー

ワイヤー矯正では金属でできた装置を口内に装着するため金属アレルギーがある方は歯科矯正治療ができませんでしたが、マウスピース矯正で用いられる装置は全てプラスチック製なので金属アレルギーをお持ちの方も安心して治療ができます。

マウスピース矯正とワイヤー矯正の見た目以外の比較

矯正治療にかかる期間は?

マウスピース矯正とワイヤー矯正どちらの方が治療期間が短くなるかは、歯並びの状態などによります。一般的に抜歯を伴い大きく歯を動かす場合はワイヤー矯正の方が早く、歯の向きや角度を変えるなど見た目を整えるのであればどちらの矯正もほとんど同じ治療期間です。

通院回数では、ワイヤー矯正では1ヶ月に1回ワイヤーを調整するために通院が必要です。それに対してマウスピース矯正は装着時間を守れば、一定期間ごとに自分で新しいマウスピースに交換できるため、ケースによっては2〜3ヶ月に1回の通院で済むこともあります。

歯の痛みの違いは?

マウスピース矯正とワイヤー矯正どちらも歯を動かすので痛みはあります。ワイヤー矯正はブラケットやワイヤーが頬粘膜をまれに傷つけることもあり、口内炎になるなどのリスクがあるため、マウスピース矯正の方が口内の痛みや不快感は少ないと感じる場合が多いです。

マウスピース矯正の場合、2週間に1回マウスピースを交換し約0.25mmずつ移動させるため、歯への力が少しづつ加わり徐々に移動していくため痛みも抑えられる傾向にあります。

矯正中は発音しずらい?

矯正装置をつけると慣れるまで言葉を発する時に違和感を感じることがありますが、これはどんな矯正治療であっても同じです。また、マウスピース矯正は薄く柔らかいプラスチックできていて歯と歯茎をすっぽり包み込む形状をしているため、ワイヤー矯正など他の矯正治療法に比べて馴染みやすいという特徴があります。

マウスピース矯正の注意点

効果を得るために一定時間の装着が必須

マウスピース矯正は自由に取り外しができることが大きなメリットである反面、決められた装着時間をご自身の意思で守る必要があります。

取り外しができるため大きなイベントなど短時間であれば装置を外しても治療に支障はありませんが、矯正治療において確実な効果を得るためには、指定された装着時間を守ることが重要なので注意が必要です。

間食をしにくくなる

マウスピース装着中の飲食は装置の破損や虫歯の原因になるため好ましくありません。したがって、今まで間食をする習慣があった方は慣れるまでマウスピースの着脱が面倒に感じるかもしれません。

一方で、マウスピース矯正を始めてから無駄な間食が減ったことをメリットに感じている方もいますので、マウスピース矯正を機に間食を減らすのも良いでしょう。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

この記事の監修医

加藤泰一郎 先生

かとうたいいちろう

府中みやまち歯科医院 院長

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up