矯正治療を失敗しないために!患者が抑えておきたいポイント

2020/10/22

歯並びを整える歯列矯正は、ほとんどのケースが保険適用外のため高額な治療費がかかります。しかし、高額な治療費を払って歯を矯正しても必ず満足できる結果になるとは限りません。矯正治療が失敗に終わってしまったり、後悔する人も少なくないのです。

そんな高額かつ長期にわたる矯正治療で失敗しないために抑えておきたい重要なポイントをお伝えします。

矯正が失敗したと感じるとき

せっかく矯正治療しても失敗することがあります。歯科医師が失敗と判断しなくとも患者が納得できない結果になる場合もあり、トラブルになったり別の歯科医院に相談したりしなければいけなくなることもあります。

患者が「矯正治療を失敗した」と感じるのは次のようなときです。

イメージと違う歯並びになった

矯正治療を始める前に、必ず歯科医師によるカウンセリングがあります。現在の歯並びの状況、治療方法や治療期間、費用についてなど詳しく歯科医師から説明があります。しかし、なりたい歯並びの希望を伝えた上で治療方針を決定したにも関わらず、実際に治療が終了してみたら、最初に歯科医師とのカウンセリングで打ち合わせた歯並びとは違う結果になってしまう場合があり、失敗したと感じてしまいます。

治療終了後歯並びが戻ってしまう

理想の歯並びに矯正して治療が終了したにも関わらず、その後歯が動いて再び歯並びが悪くなってしまう場合があります。矯正治療後の歯は動きやすく、元に戻ろうとする力が働くため、矯正治療後のリテーナー(後戻りを防ぐ保定装置)の装着期間が不十分だった場合、歯並びが後戻りしてしまうことがあります。

噛み合わせが悪くなる

歯並びは整ったけれど、噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。矯正治療をする前は噛み合わせに問題なかった場合でも、矯正治療後に奥歯でものがしっかり噛めなくなったり、前歯が噛み合わなくなりします。また、あごが痛む、前歯の中心がずれてしまうといった不具合が起きる場合もあります。

治療する期間が伸びる

症例によっては、治療前に医師から聞いていた治療期間より治療が長引いてしまう場合があります。長引けばそれだけ通院や処置の費用も多くかかってきます。それによって予定していた期間や用意していた予算を大きくオーバーしてしまった場合には失敗と感じたり後悔してしまう人もいます。

矯正が失敗する原因


なぜ矯正治療が失敗してしまうのでしょうか。原因はさまざまあります。歯科医師による治療方針だけでなく患者自身に原因がある場合もあります。

歯を抜く

矯正治療では歯を抜くことがあります。歯が平均より大きい人やあごの小さい人、生えている歯の本数が多い人の場合は、歯列のバランスを整えたり歯の生えるスペースを確保するために抜歯矯正を行います。

矯正治療で必ず抜歯するわけではありませんが、抜歯が必要な症例で抜歯しなかったことで、歯を並べるスペースを十分に確保できずに出っ歯になったり、十分な効果を得られなかったりします。また、抜くべきではない歯を抜いてしまったことで歯列の正中(真ん中のライン)がずれてしまい、治療が失敗するケースもあります。

治療の難しい歯並び

複雑な歯並びをしていたり歯のデコボコが激しい場合、治療は難しくなります。また治療期間も長くなります。矯正治療は矯正方法や装置の種類、抜歯をするかしないかなど多くの選択肢があり、患者の希望や歯並びによって、症例に合った治療計画を立てて行う必要があります。

実績や技術が不足している歯科医師のもとで矯正治療をすると失敗する可能性があります。

患者の自己管理不足によるもの

上記は歯科医師による矯正の治療方針の失敗でしたが、矯正方法によっては患者自身に失敗の原因がある場合もあります。

マウスピースの装着時間不足

マウスピース矯正は、自分の歯型に合わせて透明なマウスピースを作り、装着して歯を動かしていく治療法です。患者が自主的に歯科医師に指示された装着時間や方法を守る必要があります。

しかし、必要十分な時間マウスピースを装着してないと治療が伸びたり効果が出にくくなったりします。マウスピース矯正の装着時間は1日約20時間〜22時間が一般的です。

マウスピースを正しく装着できていない

マウスピースは自分で着脱が可能です。食事のときや歯磨きのときに外せるので日常生活に支障の少ない矯正法として人気がありますが、外して再度装着するときに、患者が正しくマウスピースを装着できていないと、十分な効果が得られません。

歯科医師に指導された通りの方法で装着しましょう。

リテーナーの装着時間が十分ではない

矯正治療が終了した時点で歯並びが整っていてもリテーナー(保定装置)を正しく装着しないと歯列が後戻りしてしまいます。リテーナーは、矯正した歯並びを固定させるために必要不可欠な装置です。矯正期間と同程度の期間装着しなければいけません。

リテーナーをさぼってしまったり、装着時間が歯科医師に指示された時間に満たなかったりすると、歯列が後戻りしてしまう可能性があります。

矯正治療が失敗してしまったら

矯正治療が失敗したと思ったらどのようにすればいいのでしょうか。まずは、治療を行った歯科医師と相談しましょう。相談した上で満足のいく対応がされなかった場合は、下記の対処法を検討してください。

別の歯科医院に相談する(セカンドオピニオン)

別の歯科医院でセカンドオピニオンを受けましょう。治療終了後に限らず治療中でも相談は可能です。治療方針や歯の状態に不安を感じる場合は、別の歯科医師に相談してみてください。

日本矯正歯科学会の認定医または専門医がおすすめです。

別の方法で再治療する

別の矯正法でもう一度治療することができます。矯正治療中から痛みや違和感などがあれば、歯科医師に伝えましょう。また、治療後に問題が起きた場合もまずは主治医に相談して診てもらってください。同じ歯科医院で再治療をする場合もあります。

別の歯科医院で再治療をすることもできますが、初診料や検査費用など別途治療費が多くかかってしまいます。

矯正治療を失敗しないために

矯正治療を失敗しないために、治療を始める前にやるべきことや注意点を紹介します。

治療前にじっくりカウンセリングを受ける

矯正治療を受ける前に、歯科医師としっかりコミュニケーションを取りましょう。治したい歯についてや、なりたい歯並びなど希望をきちんと具体的に伝えてください。また、治療方法や抜歯や歯を削ることがあるのか、治療期間、費用についても詳しく説明を聞きましょう。

治療期間が伸びた場合や、治療がうまくいかず再治療になった場合の治療法や期間、費用なども確認してください。カウンセリングは一つの歯科医院だけでなく、インターネットの口コミなども参考にして複数のところで受けて比較して選ぶといいでしょう。

治療後のアフターケア

矯正治療が終了したら、リテーナーを定められた期間きちんと装着して歯列を安定させてください。治療が終わってすぐは歯が動きやすいので、リテーナーを付けずにいると歯が動いてしまい元に戻ってしまうことがあります。

また、治療中も治療終了後も定期的に歯科医院に通い、口腔内の状態を診てもらい経過をチェックしてもらうことも大切です。

まとめ

矯正治療を失敗しないためには、信頼できる歯科医院選びがとても重要です。矯正治療は、専門の研修期間で学ばなければ行えない治療なので、日本矯正歯科学会の認定医または専門医かどうか最初にWebサイトなどで確認しましょう。カウンセリングは、複数の歯科医院で行い費用面だけでなく、信頼できる歯科医院で矯正治療を受けてください。

また、矯正中は決められた頻度で矯正装置のチェックや虫歯予防の検診を受けましょう。歯科医師の指示に従って普段の生活を送ってください。特にマウスピース矯正は患者自身の自己管理が重要になる治療です。全ての矯正方法において矯正終了後のリテーナーを指示通り装着することが大切です。

もしも矯正が失敗したと感じたら、まず主治医に相談し、納得のいく対応がされなかった場合はセカンドオピニオンを受けて最善の方法を選択しましょう。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up