出っ歯には裏側矯正がおすすめ!その理由とは?

亀田浩司
2020/10/28

裏側矯正は一般的に表側矯正よりも難しく時間がかかり、費用も高額になると言われています。しかし、出っ歯のように裏側矯正の治療が適した歯並びもあります。表側矯正との違いや裏側矯正のメリット・デメリットも合わせてご紹介します。

裏側矯正とは

裏側矯正は歯の裏側にブラケットという装置を装着してそこにワイヤーを通して力をかけて歯を動かす矯正方法です。

表側矯正よりも審美性が高い

一般的な歯列矯正は歯の表側にブラケットとワイヤーを装着して歯並びを調整します。金属のブラケットやワイヤーを歯の表側につけると、口を開いたときに矯正していることが目立つため見た目の印象も変わってしまいます。

そのため表側矯正では、プラスチックやセラミックなどの白色や透明の素材を使用したブラケットと白色のホワイトワイヤーを使うこともできますが、歯の表側に装着するため全く目立たないわけではありません。

一方裏側矯正は、裏側にブラケットとワイヤーをするため周囲から矯正していることが分かりません。表側矯正と同様の装置を使って行いますが、表側矯正よりも圧倒的に審美性が高く、表側矯正と同等の症例に適応できる方法です。また、表側矯正よりも比較的早く前歯部分の歯並びが改善する矯正方法です。

裏側矯正のメリット

裏側矯正を選ぶメリットについて解説します。

矯正していることが周囲にバレない

裏側矯正の最大のメリットは、ブラケットやワイヤーを歯の裏側に装着するため、周囲の人に矯正していることがわからないことです。至近距離で話をしたり、食事をする場合は矯正装置が見えてしまうこともありますが、普段の生活で気づかれることはほとんどありません。

矯正中の見た目が気になる人や、仕事柄表側矯正ができない人でも矯正治療を受けることができます。

舌癖の改善に効果的

歯並びが悪くなる原因にはさまざまありますが、その中の一つに舌の癖があります。無意識に舌で歯を押す癖があると、歯が動いてしまい歯並びが悪くなることがあります。

歯の裏側に装置をつける裏側矯正なら、歯並びの治療中に舌で歯を押すクセも一緒に改善できます。矯正治療が終わって装置が外れたあとの歯の後戻りのリスクも減らせます。

表側の虫歯のリスクが減る

表側には装置はついていないため、表側は、清潔にできます。唇側矯正では、審美的に大切な、唇側のエナメル質が脱灰して白斑ができたり、虫歯になる事が時々あります。

しかし、裏側矯正は、表側のリスクは圧倒的に少ないでしょう。また、内側は唾液にうるおされていて、外側は乾燥しやすくなります。そのため、虫歯や歯周病には、多少は、有利かも知れません。

スポーツや運動の制限を受けない

表側矯正で治療する場合、激しく競り合ったりぶつかったり、転倒する恐れがあるスポーツや運動は、ブラケットで口腔内を傷つける場合があるため、矯正中は控えなければいけない場合があります。

裏側矯正であれば、舌側に装置をつけるため、表側矯正よりも矯正期間中のスポーツや運動の制限が少なく済みます。

裏側矯正のデメリット


裏側矯正のデメリットについて解説します。

話しづらい

歯の裏側に装着するので、舌と歯をつけるような発音や言葉が話しづらくなります。練習すると慣れてくる場合がほとんどで気にならなくなりますが、矯正治療を始めてしばらくはしゃべりづらく、特にサ行、タ行、ラ行などの言葉が発音しづらい人が多くいます。

費用が高額

矯正治療費は、基本的には保険が使えません。そのため歯科医院によって歯列矯正の費用には差があります。しかしほとんどの歯科医院では、裏側矯正の方が表側矯正よりも費用が高くなっています。

裏側矯正は、一つひとつの装置を患者に合わせてオーダメイドします。歯の裏側は複雑な構造になっているうえ、患者の歯並びに合わせて装置を取り付けるので治療が難しく、調整の時間もかかるということもあり表側矯正の1.5倍ほどの費用がかかると言われています。

歯並びの状態や歯科医院にもよりますが、表側矯正の相場が70〜100万円くらい、裏側矯正は90〜150万円ほどかかります。また、歯科医院を選ぶときには、矯正治療の総額の金額だけで選ばずに矯正費用の内訳をよく確認しましょう。

裏側矯正は1〜3年ほど治療期間を要します。その間歯科医院に定期的に通院して矯正装置の調整や口腔内のチェックをしてもらう必要があるため、通院費が矯正治療費に含まれるか含まれないかによってもトータルで支払う金額は大きく変わってきます。

高度な技術が必要

裏側矯正は、表側矯正より難しい治療とされています。歯の裏側は表側よりも凹凸があり、ブラケットをつける場所が狭くなっています。裏側矯正の技術と経験のある歯科医師に治療してもらう必要があります。

また、定期的な通院でも口腔内を見ながらの調整になり、こちらも技術と時間が必要になります。歯科医院を選ぶときは、裏側矯正の実績があるかをWebサイトを確認したり、日本矯正歯科学会で認定している認定医や専門医を参考に探しましょう。

裏側矯正が出っ歯に向いている理由


表側矯正も裏側矯正も、ほぼすべての歯並びに適応しています。また、治療期間も同じくらいです。さまざまな症例の中でも特に裏側矯正が向いている歯並びがあります。

どの矯正方法を選ぶかは、歯科医師が患者の希望や予算なども聞きながら治療計画を立て、最適なものを選びますが、裏側矯正は出っ歯の治療に適した方法です。

出っ歯とは

出っ歯は上顎前突ともいい、上の前歯が下の前歯よりも出ている状態を言います。あごの骨格には問題がなく歯が斜めに生えることが原因の出っ歯と、上あごの骨自体が下あごの骨よりも前に出ていて出っ歯になるタイプ、下あごの骨が小さいために出っ歯になるタイプなどがあります。

基本的に歯科矯正のみで治療できる出っ歯のタイプは、あごの骨格に問題のない歯の傾斜が原因の出っ歯です。

矯正装置がついている方に歯が動きやすい

歯は、矯正装置がついている方に引き込まれやすいという性質があります。裏側矯正は歯の裏側にブラケットやワイヤーをつけるため、前に出た歯を内側に動かしやすく出っ歯の治療に適しています。

ハーフリンガルもできる

表側矯正も裏側矯正も、部分的または上あごまたは下あごのどちらか半分だけの矯正ができます。出っ歯の治療で上の歯並びだけ、または前歯のみを裏側矯正で整えることも可能です。部分矯正は、矯正期間が全体矯正よりも短く済み、費用も安く抑えられるというメリットがあります。

ただし、すべての出っ歯の治療をハーフリンガルで行えるとは限らないため、歯科医師と相談する必要があります。

スムーズな矯正開始が可能

歯並びが凸凹の場合、最初は、内側に装置をつけられない事があります。出っ歯の場合は、歯並びは一列に並んでいる事が多く、最初から、全部の装置をつけやすく、スムーズな治療開始が可能でしょう。

まとめ

裏側矯正は矯正装置が目立たずに歯並びを整えられる方法です。表側矯正と同等の症例に適応できます。治療期間もほとんど変わりません。

費用が表側矯正よりも高額になりますが、審美性が高く、表側は虫歯や歯周病になりにくく、矯正期間中にスポーツや運動も気兼ねなく行えるメリットがあります。

裏側矯正は、最初からスムーズに治療を行うことができ、前に出ている歯を裏側から引き込みやすいので出っ歯の歯列矯正にも適しています。ただし、表側矯正に比べて治療が難しいため、実績と技術のある歯科医師を選ばなければいけません。

日本矯正歯科学会で認定されている認定医や専門医は、高度な技術をもち豊富な経験のある歯科医師ばかりです。各都道府県ごとに調べることができるので通える範囲の認定医や専門医を探してみましょう。

最初のカウンセリングで治療方法や治療期間、費用などについて詳しく相談した上で納得できる歯科医院を選んでください。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

この記事の監修医

亀田浩司 先生

かめだこうじ

医)アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック 理事長

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up