リテーナーの種類は何がある?矯正治療後の保定装置について詳しく解説

2020/10/15

矯正治療が終わった後も実はリテーナーという装置をつける必要があります。リテーナー は、歯並びを矯正で整えた後に、定着させるための必要な装置です。リテーナーにはいくつか種類があります。噛み合わせの状態や、患者の希望なども取り入れて歯科医師が選んでくれます。

リテーナーをつける理由

歯列矯正の治療が終わったら、歯並びが整い、その後は何もする必要がないと思っている人は少なくありません。しかし、歯列矯正は、歯を積極的に動かす治療期間と、歯並びが整ったあとに、その歯並びを固定させる保定期間があります。リテーナーは矯正治療の終了後に使う装置で、いくつか種類がありますが、患者自身で取り外しができます。

矯正治療中は、ブラケットやワイヤー、マウスピースなどで歯を固定していますが、治療が終わるとそれらの装置を外します。

矯正治療で、歯並びは整っていますが、根の部分の骨がまだ固まっていないため、治療終了後は歯が動きやすい状態です。歯は元の位置に戻ろうとするのでそのまま何もつけずにいると、「後戻り」といって歯が動いてしまい、歯並びが崩れてしまいます。

矯正治療終了直後の歯は特に不安定です。長い矯正期間と安くない費用をかけてせっかく整えた歯並びを、固定するために必ず保定装置(リテーナー)をつける必要があります。

保定期間も通院する

保定期間も主治医の歯科医院に定期的に通院します。リテーナーの状態や歯並びなどをチェックしてくれます。保定期間に入った最初の数か月間は、ひと月に一度、その後経過を見ながら2~3か月に一度、半年に一度と通院の間隔を空けていきます。約2年ほど通院します。

保定期間の通院が終了してもなるべく長くリテーナーをつけていた方が、きれいな歯並びを長く維持できます。

リテーナーのつけ方

リテーナーは、治療が終わってからすぐに装着します。歯科医師の指示に従って、使用する期間や一日の装着期間を守るようにしましょう。

矯正期間と同じくらい装着が必要

保定期間は、矯正治療にかかった期間を同程度あると考えておきましょう。個人差はありますが、2〜3年はリテーナーを装着する必要があります。歯は一生動き続けるものです。リテーナーを長く使用すれば、それだけきれいな歯並びを維持できます。

食事以外のときは装着する

リテーナーの1日の装着時間は、食事や歯磨きのときを除いて一日中つけなければいけません。特に治療終了直後は、半日〜1日リテーナーをつけないと、歯が動いてしまうこともあります。食事と歯磨き以外はずっとつけるものと覚えておきましょう。また、糖分や酸が含まれる飲み物を飲むときもリテーナーは外します。

一定の期間、リテーナーを装着して歯並びが安定してきたら、徐々にリテーナーをつける時間は減っていきます。夜だけ装着するようになったり、リテーナーを使用する頻度が減ったりします。リテーナー装着期間も、定期的に通院し歯科医師が口腔内をチェックしてくれるので、指示があるまではなるべく長くリテーナーをつけておくようにしてください。

リテーナーの種類

リテーナーはいろいろな種類があります。ワイヤーを歯の前から囲んで固定するものは、口を開けるとワイヤーが見えてしまうので目立ちます。しかし白色や透明なワイヤーもあるので、審美的に気になる人は歯科医師に相談してみましょう。

また、歯の裏側を固定するタイプのリテーナーもあります。接客業など第一印象が大切な仕事の人は、裏側のリテーナーを選べば装着していることが周囲の人にわからないでしょう。患者の希望だけでなく歯並びの状態も合わせて、歯科医師が最適なものを選んでくれます。

ベッグタイプリテーナー

取り外しができるタイプで、歯全体をワイヤーで囲むタイプです。ワイヤーが歯の中心あたりに来るので口を開くとワイヤーが見えます。ワイヤーで締め付けられるので全体の歯並びを固定できます。抜歯を伴う歯列矯正の治療後によく使用されるタイプです。

ホーレータイプリテーナー

ホーレータイプもよく使われるリテーナーです。前歯をしっかり固定します。前歯の表面だけにワイヤーが通っているのでベッグタイプより見えるワイヤーの範囲は少なくなります。こちらも取り外しが可能です。より目立たないワイヤーが白色や透明タイプもあります。

マウスピースタイプリテーナー

透明のマウスピースをはめるタイプのリテーナーです。クリアなので装着していることがほとんどわかりません。審美性に優れたリテーナーといえるでしょう。ただし、マウスピースタイプは上下の自分の歯同士が触れ合わないので、噛み合わせの調整ができません。

歯並びだけでなく、噛み合わせも保定期間に安定させたい場合には適していないでしょう。また、薄いシート状の素材でできているので、硬いものを噛んだり寝ている間の歯軋りなど、噛み締める力が強いと破損する場合があります。

リンガルリテーナー

犬歯の間の前歯を固定するために、歯の裏側に装着するタイプのリテーナーです。固定式で取り外しができません。このタイプのリテーナーは長時間装着するケースが多くあります。裏側にワイヤーをつけるので見た目はほとんど目立ちません。

しかし固定式なので歯磨きのときも外せないため、食べかすや歯石がつきやすく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

リテーナーを使うときの注意点

リテーナーは、矯正治療後必ず必要になる装置です。歯列矯正自体が、保険が効かず自由診療になるので、矯正費用はたとえ同じ矯正法を選んでも歯科医院によって違います。リテーナーを作成する費用は料金に含まれているのか、別の場合はいくらかかかるかなど、矯正治療を始める前にきちんと確認しましょう。

また、保定期間に通院する費用は、矯正治療に含まれていないところが多く、通院の処置費用についても最初に確認しておくと安心です。基本的に矯正治療を別の歯科医院で行い、保定期間は転院して治療を受けることはできません。

リテーナーをつける段階になって、高額な作成費用を請求されるなどのトラブルにならないよう、最初に治療内容と費用について歯科医師から詳しい説明を聞きましょう。不明な点や納得いかない点があれば、別の歯科医院にも相談してみてください。

破損や紛失に注意

リテーナーは長期間に渡って使用していると破損する場合があります。特にマウスピースタイプは薄くて劣化もしやすいので、何度か作り直さなければいけないかもしれません。また失くしてしまった場合も、後戻りを防ぐためにすぐに作り直して装着する必要があります。

さらに一つのリテーナーを使ってみたけれど、別のタイプに変えたいという場合も、再作成は可能ですが別途費用はかかります。リテーナーは長く使用するので、作り直しをするもの、と考えておく方がいいかもしれません。

まとめ

リテーナーを使用する保定期間は、矯正治療ではありませんが、矯正と同じくらいきれいな歯並びを維持するために重要な期間です。特に、矯正装置を外した直後は、歯が非常に不安定で動きやすいので、正しくリテーナーを装着することが大切です。歯科医師の指示通りの時間と期間つけるようにしてください。

リテーナーの種類はさまざまあるので、歯の状態や審美的な面なども考えて医師と相談して最適なものを選びましょう。きちんとリテーナーを使っていれば、歯並びが安定してくるので、少しずつリテーナーの装着時間を短くできます。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up