インビザラインは痛すぎる?痛みの原因や正しい対処法をご紹介!

唐澤基央
2020/12/15

インビザラインはマウスピース型の矯正装置で、ワイヤーやブラケットを歯に装着するワイヤー矯正よりも目立たず痛みの少ない矯正方法です。

インビザラインが痛すぎないか不安を感じている方へ、痛みの原因や適切な対処法をご紹介します。

インビザラインは痛すぎる?

矯正には歯を動かす痛みや、装置が頬や唇に当たる痛みがありますが、装置の種類や対処の仕方によって痛みを感じにくい治療が可能です。

インビザラインはワイヤー矯正と比べて痛みが少ない

ワイヤー矯正に使用する主な矯正装置は金属やセラミック、プラスチックなどでできた四角いブラケットと金属のワイヤーで、装置の形が複雑なため頬や唇に装置が当たる、ワイヤーが飛び出るなどして口内炎ができて痛みが生じることがあります。また、月に1回の調整の際にワイヤーを交換したり、ゴムを交換することで歯を移動させる力がかかり、その移動に伴う炎症反応を痛みとして感じることがあります。

インビザラインに使用する装置は透明で表面が滑らかなマウスピース(アライナー)と、歯の動きをサポートするために着ける歯と同じ色の歯科用樹脂(レジン)でできたアタッチメントのみなので装置が唇や頬に当たりにくい構造をしており、アライナー1枚につき最大0.25mmまで歯を動かす量を制限しているため痛みを感じることが少ないです。

歯が動く痛みや装置による痛みはゼロではない

身体のメカニズムにより歯が動くときには必ず痛み物質が分泌されるため痛みをゼロにはできませんが、歯が痛いということは歯が動いている証拠なので、痛みの原因や対処法を理解して歯並びが少しずつ綺麗になる前兆として前向きに捉えると良いでしょう。

ただし、アライナーやアタッチメントは唇や頬に当たりにくい構造ではありますが装置トラブルがまったく無いわけではなく、まれにアライナーの縁が浮く、食事のときにアタッチメントが当たるなどのトラブルが起こる場合があります。

インビザラインが痛いと感じるのはどんなとき?

hanaravi

装置によるものや歯が動く痛みなどがあり、歯が動く痛みの感じ方は人それぞれで、食事中の歯の痛みや、ジーンと響くような感覚や痛痒さ、歯をずっと押されている圧迫感などが痛みとして現れることがあります。

歯が動くとき

歯は骨に囲まれているため少しの力が一時的に加わっただけでは動きませんが、アライナーで歯に持続的な力を加えると歯が骨に押し付けられて歯と骨の間にある歯根膜が変形し、正常な形に戻るために押し付けられている方の歯の骨が溶け、骨が溶けてできたスペースに歯が移動し、元の歯の位置には新しい骨ができて埋まります。

矯正治療はこの生体反応を利用した再生医療の一種で、歯が動くときに骨を溶かす働きとともに必ず痛み物質が分泌されるため、矯正器具装着中の方のほとんどが少なからず痛みを感じます。

歯の動き始めが一番痛くなりやすく、新しいアライナーをはめてから3〜6時間で痛み始めて3日ほどで自然に治まります。

痛みの感じ方は個人差や矯正器具によって異なり、インビザラインのようなマウスピース矯正は歯全体に緩やかな力をかけるため2〜3日違和感がある程度で、比較的痛みを感じにくい傾向があります。

食事などで歯を噛み合わせたとき

歯が動く痛みを感じている間は、食べ物を食べることや歯を噛み合わせることが刺激となって痛みが生じることがありますが、1週間ほどで噛んだときの痛みも感じなくなります。

アライナーの着脱のとき

アライナーは歯が移動した後の形に作られているため、新しいアライナーを装置するときに締めつけるような感覚があり、着脱の際に痛むことがあります。

インビザラインはアタッチメントという歯の動きをサポートする小さな突起を歯に着けます。

歯と同じ色のレジンという歯科用の樹脂を使用するため目立たず、アタッチメントを歯に着けただけで痛むことはありませんが、アライナー着脱の際にアタッチメントが引っ掛かり一時的に歯の痛みを強く感じたり、スムーズに外せないことで指や爪に力がかかって痛くなったりすることがあります。

アライナーの縁が当たるとき

インビザラインは表面が滑らかなアライナーを装着するため装置の凸凹が少なく、口内炎ができにくく痛みが少ないですが、舌や歯茎にアライナーの縁が当たって痛むことがあります。

アライナーの変形や不適合によって辺縁が歯から浮いていることや製造段階で縁の研磨が不十分なことなどが原因として挙げられるため、歯科医師に相談しましょう。

アタッチメントが当たるとき

アライナーを外して食事をする際に頬にアタッチメントが引っ掛かって口内炎ができて痛むことがあります。アタッチメントの角を丸めることもできるため、歯科医師に相談してみましょう。

アライナーの装着時間が足りないとき

アライナーの装着時間は1日20〜22時間と決められており、装着を忘れたりさぼったりして使用していない時間が長くなる、歯が動く痛みが嫌だからといって頻繁に取り外すなどするといつまでもアライナー装着の度に歯が動く痛みが出ます。

アライナーが合わなくなるアンフィットの原因にもなり、計画通りに歯が動かず治療期間の延長や追加費用が掛かることがあります。

ゴム掛けをするとき

顎の位置や噛み合わせを整えるために顎間ゴムという小さな輪ゴムを使用することがあり、新しいゴムは引っ張る力が強いため装着の際に歯が動く痛みを感じることがあります。

インビザラインが痛すぎるときの対処法

矯正治療は患者さんの協力が不可欠で時間も年単位で掛かるため、痛みを我慢し続けるとモチベーションが下がり良い結果が得られない原因となります。

痛みが出たら我慢せず、原因を正しく判別して対処することが大切です。

鎮痛剤を服用する

アライナーの交換やゴム掛けなどで歯が動く痛みには歯科医院で処方されたものか市販の鎮痛剤の服用が有効です。

鎮痛剤の炎症を抑える働きが歯の動きを鈍くすることがあるため安易に服用するのは避け、我慢できないと感じたときのみ使用しましょう。

アライナーを交換してすぐは痛みが出やすいため、心配な方は交換日に予定を入れないで安静にできるようにしておくと良いでしょう。

食べ物は柔らかくて噛む力をあまり使わないものを選ぶ

硬い食べ物は噛んだときに歯に刺激が伝わり痛みが出やすいため、噛んだときの刺激が少ないおかゆやスープなど、柔らかくて噛む力をあまり使わないものを食べるようにしましょう。柔らかさの目安は、指で潰せる程度です。

【歯に刺激の少ない料理】

  • スクランブルエッグやオムレツなどの卵料理
  • 冷奴や麻婆豆腐などの豆腐料理
  • 少し長めに茹でて柔らかくした麺料理
  • 野菜や魚などの煮物
  • 肉料理ならひき肉を使用したハンバーグなど

歯科用ワックスやヤスリを使用する

アライナーを外したときにアタッチメントが当たる、アライナーの縁が舌や頬に当たるなどして痛い場合は、矯正用のワックスやヤスリを使用して対処できます。

インビザラインの場合は装置が当たるところに口内炎ができても上から滑らかな素材でできたアライナーをはめるため、口内炎への刺激が少なく治りは早いですが、自分で対処しても装置が当たる場合は歯科医師に相談するのがベターです。

通常、口内炎の痛みのピークは3〜4日で1週間ほど経てば自然に治りますが、同じところに装置が当たり続けるとなかなか治りません。

【矯正用ワックスを着ける】

食事をしているときにアタッチメントが頬や唇に当たって痛すぎる場合は、歯科医院でもらえる粘土状の矯正用ワックスでカバーをする方法があります。

歯科用ワックスは飲み込んでしまっても身体に害は無く自分で着脱できますが、アライナーをはめるときはアンフィットが起こらないように歯科用ワックスを外してから装着し、使用は食事中に限ります。

通常はアライナーを装着してアタッチメントが覆われると突起の鋭さが軽減するため、痛みは治まります。

【アライナーの縁をヤスリで磨く】

アライナーの縁が舌や頬に当たって痛いときは、縁が変形しない程度にヤスリで磨くと痛みが軽減しますが、磨き過ぎると変形して歯が正しく動かない原因になるため不安な方は歯科医師に相談しましょう。爪切りに付属するヤスリがオススメです。

取り外し方のコツを知る

慣れないうちはアライナーの取り外しがスムーズにできずに歯に必要以上に力がかかったり、指や爪が痛くなったりすることがあるため取り外しの手順を守りましょう。

アタッチメントが着いている位置によって指や爪だけで外すのが難しい場合は、アライナーリムーバーというフックを使用すると良いでしょう。

【アライナーを取り外すコツ】

1.できるだけ奥歯のアライナーに指や爪、アライナーリムーバーを引っ掛けて浮かせます。上顎は内側、下顎は外側に引っ掛けると外れやすいです。

2.左右それぞれの奥歯の噛む面にアライナーが乗るくらい浮かせたら、奥歯のアライナーを両手で持って左右同時に持ち上げて取り外します。

3.片側から剥ぎ取るようにするとアライナーが変形したり割れたりするので注意しましょう。

歯科医師に相談する

痛みの原因はさまざまあり、感じ方にも個人差や体調、心理状態に左右されます。

歯科医師が原因を見定めて対処をしてくれるため、鎮痛剤を飲んだのに痛みが治まらない、アライナーの交換から3日以上経っても痛みが強いなどと感じたら我慢せず相談してみましょう。

また、何か自分なりの対処を行った場合には、次の矯正受診時にその旨を必ず歯科医師に伝えましょう。その対処が正しかったかどうか、もっと効果的な対処法は何かなどがわかります。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hnaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

この記事の監修医

唐澤基央 先生

からさわもとひろ

ニコニコ歯科 伊那矯正オフィス 院長

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up