インビザラインで横顔はきれいになる?

唐澤基央
2020/10/30

Eラインって聞いたことがありますか?美人の定義のひとつとされていますが、横顔の綺麗さを評価するラインで、鼻の先と顎の先を結んだラインのことを言います。インビザラインを使った矯正治療で横顔をきれいにすることはできるのでしょうか?詳しく解説します。

Eラインとは?

歯の矯正をいろいろ調べていると出てくる「Eライン」という言葉。Eラインとは、横顔のラインに関する言葉で、美人の定義のひとつとされています。「エステティックライン」と呼ばれるもので、1954年に歯科矯正医のロバート・リケッツが提唱した言葉です。

鼻の先と顎の先を線で結んだ線のことをEラインと呼びます。そのEラインよりも唇が前に飛び出ていればプラス。唇が内側に入っていればマイナスと評価します。日本人は骨格的に鼻が低いため、Eラインがマイナスになる人は少ないと言われています。矯正治療では、唇の位置をEラインに対してオンラインを目標に診断を行います。しかし、最近の傾向では少しマイナス(鼻と顎よりも唇が下がっている)の仕上がりを希望する患者さんが増えてきました。

横顔に自信があるという人は、案外少ないですよね。横顔を見られるのがいや!という声もよく聞きます。自分ではなかなか見ることのできない角度なので、写真に写った自分の横顔を見てびっくり…なんてこともあるでしょう。

そのEラインと、歯科矯正とどんな関係があるの?と思うかもしれませんが、歯並びはEラインに影響するのです。出っ歯の状態だと、ラインから上の唇がはみ出します。受け口の状態だと、下唇がラインからはみ出すことに。

このように、きれいな横顔には、歯並びが大きく関係しているのです。では、きれいな横顔になるためには、どのように歯並びを整えるといいのでしょうか?

インビザラインで横顔は改善できる?

歯並びを整えると横顔は変わってくるのですが、そのためにはワイヤー矯正が必要で、インビザラインの矯正では横顔が変わるほどの効果は得られないという話がありますが、インビザラインの矯正で横顔を変えることはできないのでしょうか。

横顔がコンプレックス…どうにかしたい!

歯並びの悪さは横顔にも影響します。正面からの見た目はなんとなくごまかせても、横顔はごまかしがきかないから横顔は見られたくない!という人もいます。

横顔は、鏡などで確認しようとしてもうまくできないので、よけいに人からどう見られているのか気になってしまいますね。横顔がコンプレックスで、人目が気になる…。こんな思いを抱えていませんか。

横顔がコンプレックスだという人は、同時に歯並びにもコンプレックスを感じていることが多く、人前に出るのがいやだとか、人に見られることがいやなので、いろんなことに積極的になれないなどの悩みを抱えています。

歯並びの悪さは、コンプレックスとなるだけでなく、健康面に影響することもあります。歯並びが悪いことで、歯磨きが不十分となり虫歯になるリスクが高まることや、将来的には歯周病の心配も。

歯並びが悪いと、十分に咀嚼ができないこともあり、消化器官に負担がかかってしまうことがあります。噛み合わせの悪さから、顎や首の筋肉に負担がかかり、肩こりや頭痛の原因となっていることもあるのです。

横顔や歯並びはメンタル面だけでなく、身体にも影響してきます。しかし、治したいと考えている人はたくさんいますが、矯正の器具を付けることに抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。

インビザラインで横顔は改善できる?

最近多くなってきたマウスピース矯正は、これまでのワイヤー矯正とは違い、矯正の器具が目立たないため、人に知られずに矯正をすることができます。生活上での支障も少なく、マウスピース矯正を考える人も増えています。

インビザラインもマウスピースを使用した矯正方法ですが、矯正相談でインビザラインでの矯正では横顔に変化はないと言われたという人も。インビザラインの矯正では、横顔に変化はないのでしょうか。

横顔のラインが変わる矯正は、出っ歯や受け口の矯正ですが、インビザラインではこれらの矯正はできないという意見の歯科医師もいます。抜歯が必要となることもあるので、従来のワイヤー矯正でなければ難しいと言われ、どうしても矯正のワイヤーはいや…と、矯正自体を諦めてしまった人もいるのではないでしょうか。

インビザラインは新しい治療法であるため、否定的な意見の歯科医師がいることも確かですが、インビザラインで出っ歯や受け口を矯正したケースは数多くあります。また、抜歯を必要とする矯正にも対応しています。

インビザラインで、横顔が変化する出っ歯や受け口の矯正をすることは、可能です。ワイヤーを掛けることに抵抗があり矯正を諦めていたという人も、インビザラインなら人に知られずに矯正をすることが可能なのです。

インビザラインでコンプレックスを解消しよう

見た目で矯正していることがわからないインビザラインでの矯正。横顔の変化も期待できますが、矯正で大事なことは、きちんと治療計画を立てることです。最終的な仕上がりをきちんとイメージすることが大切です。

装置ではなく治療の計画が大切

どのような矯正方法で矯正をしても、仕上がりに大切なことは、矯正の器具の種類ではなく、どのような仕上がりを目指すのかということになります。横顔のラインをきれいにしたいのであれば、そのように歯を動かしていく必要があるからです。

インビザラインでは横顔は変わらないと言われ、ほかの矯正方法を選択しても、横顔が変わるような治療計画を立てなければ、きれいな横顔にはなりません。とくに考えずに矯正したけど、横顔がきれいになった、というのは、結果的に横顔もきれいになった、ラッキーともいえるケースでしょう。

矯正は、時間もお金もかかるものですから、仕上がりを歯科医師任せにするのではなく、自分で「こんなふうにしたい」という希望をしっかり持っていなければいけません。もちろんすべて希望通りにならないこともありますが、きちんとした治療計画を立てて矯正していくことが大切です。

インビザラインのメリット

仕事上矯正のワイヤーが見えると困る…という人も、インビザラインの矯正なら、透明なマウスピースを使用するため、目立つことがなく矯正をすることができます。人前に出る機会の多い職種では、矯正の器具が見えると困る、という場面も多くあると思います。

同じく矯正していることを人に知られにくい矯正方法として、歯の裏側にワイヤーを掛ける裏側矯正という方法があります。裏側矯正では、歯の裏に矯正器具があるので表面からは見えないというメリットがあるのですが、発音するときにワイヤーに舌が当たってしまうため、うまく発音できず滑舌が悪くなってしまうことがあります。

人に知られないように…と裏側矯正を選んだのに、滑舌が悪くなり不自然な話し方になってしまい、結局は矯正していることを説明することになった…ということもあります。

インビザラインでは透明なマウスピースを装着するのですが、裏側矯正のように発音しにくくなることもなく、自然に過ごすことができます。マウスピースは装着してしまうとほとんど目立たないので、矯正していることを周囲に知られることがありません。

社会人では、周囲に知られずに矯正をしたいという希望が多くなります。仕事上の都合であったり、人に知られることが恥ずかしいからという理由であったりしますが、インビザラインではそんな心配はなくなります。

インビザラインの矯正は、いろんな症例にも対応できるほか、生活に支障がなく、周囲に知られることもなく矯正することが可能です。インビザラインの矯正で、思いきってこれまでのコンプレックスを解消してみませんか。人前に出ることに抵抗があったという人でも、矯正後には周囲が驚くほど堂々と振る舞えるようになったという人もいます。インビザラインで、自信を取り戻してみませんか。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

この記事の監修医

唐澤基央 先生

からさわもとひろ

ニコニコ歯科 伊那矯正オフィス 院長

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up