マウスピース矯正をやってみたいけど不安!キレイラインは解約できる?

2020/09/24

マウスピース矯正は金額も安価で気軽に始められる矯正方法の一つです。気軽に始めることができるのは良い点ですが、解約方法はどうなっているのでしょうか?突然の転勤や引っ越しに伴うライフスタイルの変化、マウスピース矯正が自分に合っていない場合、解約はできるのでしょうか?

今回はキレイラインの矯正治療を始めてから途中で解約をしたくなってしまった場合の対応について徹底解説していきます。

キレイライン治療と支払の流れ

キレイラインは最新機器を用いたマウスピース矯正です。ワイヤー矯正は歯の表面に金属のブラケットを取り付け、それらを金属ワイヤーでつないで、ワイヤーの引っ張り具合を調整して矯正を行います。そのため途中での解約は難しく、医師の判断で矯正治療の終了時期は決まります。費用に関しても矯正開始時に一括して支払う流れがほとんどです。

それに対しキレイラインは、マウスピース交換時の通院時に都度支払う方法も選択可能です。矯正開始までに一括した支払いがないので途中で解約した場合、無駄な支払いなく解約することできます。キレイラインの治療と支払いの流れについてご紹介します。

治療の大まかな流れ

初診予約

インターネット上の専用フォーマットから初回予約を申し込むことができます。提携歯科医院は予約時にお住いの都道府県を選択すると複数表示され、その中から選ぶことができます。随時提携クリニックを拡大していますが、関東地方や都市部を中心としているため地方で受診できる場所は現段階では限られています。

初回検査

初診では問診票の記入と口腔内検査を行います。口腔内検査は歯並びや噛み合わせ、むし歯の有無などを確認し、キレイラインが適応できるか医師が判断します。キレイライン適応の場合、何回の通院でどのような矯正がいくらでできるか説明があります。

※場合によっては初診でシミュレーンの提示を行えない場合があります。

契約とマウスピース作成

シミュレーションと金額に関する説明を聞いて矯正を実施する場合、契約を結びマウスピース作成に進んでいきます。マウスピース製作のために口腔内をデジタルスキャンします。デジタルスキャンした画像をもとに歯科技工士がマウスピースを作成していきます。

矯正開始

マウスピース受け取りまでの期間は歯科医院によって異なりますが、約3週間です。ソフト・ハードの2種類のマウスピースを渡されます。その際、マウスピース矯正における注意点の説明があります。

矯正開始後の通院

コースで支払いの場合は90日に1回、都度払いの場合は45日に1回、通院を行います。歯並びの状態によっては、通院回数や頻度は異なります。2回目以降、矯正の進み具合によっては矯正を終了することもできます。満足いく歯並びとなり、マウスピース矯正がこれ以上必要ないと感じた場合、医師と相談し、終了できます。

矯正終了後

後戻りを防止するリテーナーを装着していきます。リテーナーの装着は他の矯正方法(ワイヤー矯正など)を選んだ場合も必ず発生します。1日約20時間以上の装着を1年続け、それ以降は夜間だけの装着にするなど装着時間を医師と相談しながら行います。

※リテーナーは歯科医院によって素材や形が異なります。

キレイラインの支払い方法

コース契約してまとめて支払い

キレイライン矯正を医師の提案通りの通院回数、金額で納得して行う場合はコースで支払う方がお得です。同じ回数通った場合、都度払いより安くなるよう価格設定されています。

通院時都度支払い

矯正をお試し感覚で始める場合、おすすめの支払い方法です。初回治療2万円、以降都度4万円支払いながらマウスピース矯正を進めていきます。マウスピース矯正が自分に合っていないと感じた場合は2回目以降の治療をストップすることができ、無駄な費用を支払うことなく解約できます。

キレイラインの解約方法について

解約したいと思った場合、支払方法ごとに解約方法があり、返金など対応しています。解約時の具体的な返金システムや方法について解説していきます。

また、解約できると思って歯科医院へ思い切って解約について相談したのに、解約できないと言われた。そんな場合はどうしたらいいのでしょうか。不満を持ったままマウスピース矯正を行ったとしても満足できる結果は得られません。解約できないと言われた場合の相談窓口についても記載していきます。

都度支払時の解約

キレイラインは矯正費用を“都度払い”で行っている場合、申し入れる事で解約できます。解約時はスキャン費用、マウスピースを作成している場合はマウスピース作成費用がかかる場合があります。2回目以降の通院時解約を申し入れる場合がある際は、事前に次回で解約した場合の支払いや、申し入れる期限などを聞いた上で契約するようにしましょう。

コース支払時の解約

“コース支払い”で既に支払ってしまった場合も解約はできます。その場合、使用していないマウスピース、スキャン(歯列の型取り)をしていない分の費用が返金されます。

一方、マウスピース を受け取っていない場合でも歯科医院が既にマウスピースを製作している場合は返金の対象となりません。具体的にいくら返金されるとは決まっていないため、返金額の詳細は通院している提携歯科医院への確認が必要となります。

解約ができないと言われてしまった場合

解約を申し入れて、歯科医院でできないと言われてしまった場合、キレイラインを運営している“KLマーケティング株式会社”へ問い合わせを行います。ホームページ上でも具体的に“万が一、解約不可などの説明があった場合は、弊社までご連絡ください。”とあるため、解約できない場合はまずこちらへ相談するようしましょう。問い合わせ方法はLINEでの受付もしているため、気軽に申し入れることができます。

解約する前に知っておきたいこと

簡単に解約できるからと言って安易に解約しない方が良い場合もあります。解約前に知っておきたい注意事項について解説していきます。

キレイラインはマウスピース矯正の中でも安価

キレイラインに都度4万円支払いがもったいないと思って解約を検討している場合、他の矯正方法をお金がある時に改めて始めようと思っていませんか?

キレイラインはさまざまな矯正方法を比較した中でも大変安価に矯正ができます。他の安い矯正を探したとしても自分の通える範囲にないなどの問題が起こり得るため、他の安価な矯正を探そうと思っている場合、しっかりと比較検討した上で解約しましょう。

もし他のマウスピース矯正を将来行う場合、再度スキャン費用や初診料が発生してしまいます。いくらマウスピース矯正が安いからと言っても初診料などを2度支払うことになることを認識しておいた方が良いでしょう。

マウスピース矯正が信じられない

キレイラインでマウスピース矯正を始めたものの、マウスピースで歯並びが改善されるとは思えないから解約したいと思っていませんか?

マウスピース矯正はマウスピースを定期的に取り換えて少しずつ歯並びを整えていきます。痛みがなかったり、1週間装着しても効果を感じなくても焦らず続けていくことが大事です。効果を感じにくいと思った場合は、まず通院している歯科医院に相談してみましょう。

ワイヤー矯正にシフトしたい場合も費用が多額になってしまうため、焦って解約せずに通院している歯科医院でワイヤー矯正した場合の価格や期間などを聞いて、メリットが本当にあるかどうかしっかり検討した上で解約を行いましょう。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up