キレイラインで八重歯の矯正は可能?治療の流れや判断の方法を解説

2020/10/12

キレイラインはマウスピース矯正です。主に前歯を中心に歯並びを整えられ、八重歯の矯正も可能です。しかし八重歯の状態によっては、治療が不可能だったり、マウスピース矯正以外の治療方法が適している場合もあります。キレイラインで矯正ができる歯並びや、治療の流れについて解説します。

キレイラインで矯正できる歯並び

キレイラインでは、上下12本の前歯をメインに動かして歯列矯正を行います。歯並びによってはマウスピース矯正が適していない場合もあり、キレイラインで矯正できるかは、最初のカウンセリングで歯科医師が判断します。

キレイラインで矯正できる歯並びの種類を紹介します。

叢生(八重歯)

八重歯を含む叢生(そうせい)はキレイラインで治せます。叢生は、永久歯がきちんと並んで生えてくるスペースがないため、重なり合ったり、前後にずれて生えている歯並びを言います。簡単に表現するとガタガタの歯並びのことです。また、乳歯が早く抜けてしまった場合も叢生になることがあります。

叢生は、あごの小さい日本人にもっとも多い歯並びと言われています。歯ブラシが歯1本1本の全体に届かない場合も多く、放置しておくと虫歯や歯周病、口臭の原因になります。

下顎前突症(受け口)

下あごが上あごより前に出ている歯並びです。受け口は遺伝的な影響で起こる場合も多いですが、上あごの前歯の角度が内側に入りすぎていることが原因の場合もあります。口呼吸するクセがある人も受け口になりやすい傾向にあります。

受け口を治さないでおくと、咀嚼がうまくできなくて顎関節症になってしまったり、胃腸に負担がかかってしまうなど全身に影響が出ます。

上顎前突症(出っ歯)

受け口の反対で、上あごが下あごより出ている歯並びのことです。出っ歯も遺伝的要素が関係していますが、前歯が大きい、乳幼児期に指しゃぶりを長くしていた、舌で歯を押すクセがあるといったことも原因となります。

放置しておくと唾液が不足してドライマウスになり、虫歯や歯周病、口臭の原因になったり、睡眠障害を起こしたりもします。

開咬

開咬は、奥歯の噛み合わせは合うけれど前歯が閉じないケースを言います。指しゃぶりや舌癖、あごの骨の形状が原因で起こります。開咬をそのままにしておくと、前歯が合わないので奥歯に負担がかかります。

奥歯がかけたり、抜ける可能性が高くなり、歯の寿命が短くなる人も少なくありません。

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間隔が広いすきっ歯は、歯が小さい、もともとどこかの歯が抜けている、舌癖などが原因で起こります。頬杖をついたり、横向きで寝るクセがあるなど普段の生活習慣によってすきっ歯になるケースもあります。

すきっ歯のままだと、虫歯や歯周病になりやすく、食べ物をしっかり咀嚼できないため、胃腸に負担をかけます。また、歯の間から空気が抜けるので発音がしづらく、滑舌が悪くなる人もいます。

過蓋咬合(ディープバイト)

上の歯が下の歯に深く被さってしまう噛み合わせが深すぎる過蓋咬合は下あごの動きが制限されてしまい顎関節症になるケースもあります。

また、噛み合わせが悪いので正しくないところに力が入りすぎてしまい、詰め物や被せ物が壊れやすくなります。

遺伝的要因や歯の生え方に傾きがある場合、奥歯を抜歯して放置したままや、下唇を噛むクセなども原因になります。

キレイラインで矯正できない八重歯は

八重歯は叢生の一種です。キレイラインで治せますが、場合によっては適応外となる八重歯もあります。

歯の重なりが6〜7mmを超える場合

八重歯の中でも重なっている歯同士の大きさがトータルで7mm以上ある場合は治療ができない場合もあります。八重歯と八重歯で隠れている後ろの歯の被っている部分の長さを測ります。定規で自分で計れるので、鏡を見てやってみてください。

マウスピース以外の八重歯治療をする場合も

キレイラインは極力、健康な歯を残して矯正する治療法ですが、八重歯のケースによっては抜歯や歯を削るなど他の治療法も合わせてマウスピース矯正を行う場合もあります。

歯の側面を削る

IPRと呼ばれ、歯の側面を削り横幅を狭くします。ディスキング、ストリッピング、スライシングなどとも言われます。歯を削ることで歯の大きさを整えられて、歯をきちんと並べるスペースを作れます。

また、矯正治療終了後の噛み合わせをよくする効果も期待できます。

拡大床を使う

拡大床は、歯列の内側にはめることで装置が頬の方に拡がる力を利用して、歯がきれいに並ぶためのスペースを広げて作る装置です。石膏で型を取って作ります。装着してからネジを回して調整して広げる仕組みになっています。

寝るときなど長く装着できるときにネジで広げて使います。最低1日8時間装着しないと効果が期待できません。途中で外してまた装着するなど、細切れでいいのでトータル8時間装着する必要があります。

抜歯する場合も

歯を抜いた方が、最終的にきれいな歯並びになると判断した場合は、キレイラインの矯正でも抜歯する場合があります。抜歯をするかどうかは歯科医師が決めますが、歯が大きいケースや八重歯を治す場合などで、抜歯とマウスピース矯正を組み合わせた治療法です。

無理に歯を抜かないで矯正すると歯茎に負担がかかり、歯茎が下がることで歯が長く見えてしまい治療後がきれいな仕上がりにならない場合があったり、矯正治療が終了しても、後戻りして歯並びが元に戻ってしまったりする可能性があります。

キレイラインで八重歯が治せるかカウンセリングを

キレイラインではカウンセリングを初回に行っています。八重歯の治療が可能かどうかは歯科医師が判断するので、まずはカウンセリングで相談してみましょう。初回のカウンセリング料金は約3,500円です。

キレイラインだけでは矯正が難しい八重歯でも、抜歯をしてキレイライン矯正を行う方法や、キレイラインで八重歯を残したまま他の歯並びを整える治療法も選択できます。

キレイライン矯正を取り扱う歯科医師の考え方によっても治療法は変わってきます。納得ができない治療法や費用を提示された場合は、他の歯科医院に相談することも考えてください。

マウスピース矯正できない八重歯の場合は、ワイヤー矯正も検討してみましょう。従来からある金属の装置やワイヤーを歯の表側につける矯正だけでなく、最近は、透明なプラスチックやセラミックの装置に白いワイヤーを使う目立たないタイプもあります。

また、歯の裏側に装置とワイヤーを通す裏側矯正は、人に矯正していることが全くわかりません。

キレイラインで対応できる八重歯の場合は、カウンセリング後に同意書を書き、申込書に記入すれば歯型を取ってマウスピースを作成することができます。約3週間でマウスピースが出来上がってくるので、そこから治療スタートとなります。

まとめ

基本的に八重歯はキレイラインのマウスピース矯正で治せます。しかし、他の歯と深く重なっている場合はマウスピース矯正では治せないときもあります。自分で定規で測定できますが、正確な判断は歯科医師に任せましょう。

キレイラインは極力歯を抜かないで治療する方針ですが、歯並びの種類によっては抜歯や歯を削ってからマウスピース矯正を行う場合もあります。キレイラインで対応できない八重歯でもワイヤー矯正で治ることもあります。

まずは初回のカウンセリングで、自身の八重歯がキレイライン矯正で治療可能かどうかを相談してみましょう。また、その際に治療期間や費用などを確認して納得してから、同意書にサインをするようにしましょう。

2万円から始められるマウスピース矯正「hanaravi」

hanaravi_mv

hanaraviの特徴

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

同じカテゴリーの記事

コラムをもっと見る
Scroll Up