この記事の監修医: 神田 浩之

マウスピース矯正は目立たない、痛くない、歯磨きがしやすいのが特徴の画期的な矯正方法です。

基礎知識としてメリットやデメリット、代表的なマウスピースメーカー8社の特徴と治療に掛かる時間と費用をご紹介します。

マウスピース矯正の基本的な治療方法

口の型取りをしたら模型を3D化し、コンピューター上で理想の歯並びになるように治療計画を立ててマウスピースを作成します。

マウスピースは歯が少しだけ動くように現在の歯並びとは違う形に作られており、1日20時間以上装着して1〜2週間ごとに新しいマウスピースに交換することで理想の歯並びの形に歯を少しずつ誘導します。

マウスピース矯正にはメーカーがいくつかあり、各医院で採用しているマウスピース矯正メーカーのシステムを利用して歯科医師が患者に矯正治療を提供します。

マウスピース矯正のメリット

矯正装置が目立たない

マウスピースは薄くて透明なので、装着してもほとんど目立ちません。

歯の動きを誘導するためのアタッチメントを着けることがありますが、歯と同じ色の米粒大の突起なので目立ちにくいです。

痛みや違和感が少ない

歯を動かす量がコンピューターですべて決められており、全体的に柔らかで均一な力が掛かるので歯が動くときの痛みが少ないのが特徴です。

装置の形状は薄くてツルツルしており、ワイヤー矯正のように角ばっているところやワイヤーが飛び出してくることが無いので装置が口に当たる痛みがほとんど無く、治療中の違和感が圧倒的に少ないです。

自分で取り外せるので衛生的

マウスピースを自分で外せるのでほとんどいつも通りに食事やフロスを使った歯磨きができて衛生的です。

通院回数が抑えられる

ワイヤーが外れたり当たったりして痛みが出るなど、緊急通院が必要なトラブルが起こりにくいのでワイヤー矯正と比べて通院回数を抑えられます。

自宅にマウスピースが届くオンライン矯正なら通院回数はほぼゼロ回です。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピースの自己管理が必須

自分で好きなときに取り外しができるため、指示通りにマウスピースを使用しないと歯が動きません。

歯が計画通りに動かないとマウスピースが合わなくなり、再発注のための型取りや追加費用、期間超過の可能性があるため、装着時間や交換スケジュールの自己管理が必須です。

適応外の症例がある

歯並びが悪い原因は上下顎の骨の大きさのバランスや位置に問題がある骨格性のものと歯が生える位置に問題があるものに分けられ、上下顎の骨のバランスが違い過ぎるなどの重症例は適応外となります。

慣れるまで喋りにくい

マウスピースが歯を覆う設計のため、装置に慣れるまでの2〜3週間は喋りにくさを感じることがあります。とはいえ、人間の脳は学習するためマウスピースが入った状態で喋ることにも3週間ほどで慣れて、ほとんどいつも通りに喋れるようになります。

ただし、喋ることを仕事にされている方はマウスピースを着けることで、業務に支障が出る可能性があるため検討が必要です。

マウスピース矯正8社の特徴

症例の適応範囲や通院と型取りの回数、料金システムなどはメーカーにより異なり、初回の型取りが終わったら宅配でマウスピースを受け取り、通院せずにスマホアプリを使って治療を進めるマウスピース矯正もあります。

交換時期や装着時間などの自己管理が重要なマウスピース矯正では、モチベーションを保つことと困ったことが起きた場合に相談しやすい環境が整っているものを選ぶのがポイントです。

インビザライン

【特徴】

  • 症例の適応範囲が最も広く、従来のマウスピース矯正で適応できない症例に対応
  • 唯一、顎の発育をサポートする子どもの矯正に対応
  • 抜歯不要
  • 通院は4〜6週間に1回
  • 厚さ0.5mm、歯茎に被らない形のマウスピースで違和感が少ない

【マウスピースの装着時間】

1日22時間以上、マウスピースは1〜2週間ごとに交換します。

【費用と治療期間】

プラン名費用治療期間
コンプリヘンシブパッケージ(全体矯正)約80〜100万円平均期間は2〜3年
早いと1年以内で完了
ライトパッケージ(前歯の矯正)50万円〜7カ月
エクスプレスパッケージ(矯正後の後戻り・前歯の部分矯正)30万円〜3〜4カ月
ファースト(乳歯がある子ども用)約75万円個人差あり

症例の難易度に応じて費用と期間、追加費用無しでマウスピースを発注できる枚数が異なります。

キレイライン

【特徴】

  • 2万円から始められて、最短5カ月で完了
  • ホワイトニングが同時にできる
  • 前歯12本の治療に特化したマウスピース矯正
  • 日本の歯科技工士による歯並びのデザインをアメリカで専門トレーニングを受けて経験を積んだ歯科医師が監修

【マウスピースの装着時間】

1日20時間以上です。

【費用と治療期間】

プラン名費用治療期間
軽度10~15万円5カ月〜15カ月(個人さあり)
軽~中度15~20万円5カ月〜15カ月(個人さあり)
重度20~30万円5カ月〜15カ月(個人さあり)

※初回2万円、2回目以降1回につき4万円の支払総額の目安です。
※必要に応じて矯正後の保定装置代2〜6万円、抜歯や歯の切削、ワイヤー矯正などの矯正装置の併用に別途費用が掛かる場合があります。
※治療期間の目安は5カ月〜15カ月で症例により個人差があります。

hanaravi

hanaravi_mv

【特徴】

  • 月々2万円、最大30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • 見た目に最も大切な前歯16本を治療できる
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 公式LINEで交換時期や治療経過をお知らせ
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる
  • 抜歯したり歯を削ったりしないで歯並びを整えられる

【マウスピースの装着時間】

1日20時間以上、マウスピースは2週間ごとに交換します。

【費用と治療期間】

プラン名費用治療期間
軽度(歪みやガタつきが少ない症例)8〜14万円3〜5カ月
軽〜中度14〜20万円5〜7カ月
中度以上20〜30万円7〜12カ月

※矯正準備セット費用3,000円、矯正前検診費用3,000〜4,000円、必要に応じてリテーナー費用1回10,000円が別途掛かります。

oh my teeth

【特徴】

  • 初回の歯型スキャンを終えたら、契約説明から治療完了まですべてオンラインで可能
  • マウスピースが自宅に届くので通院回数ほぼゼロ
  • LINEで専属コーチにいつでも・どこでもオンラインで相談できるオンラインサポートあり
  • トータルフィーで明確・リーズナブルな料金設定
  • 軽度から中度の歯並びに対応
  • 歯型スキャン、相談無料

【マウスピースの装着時間】

1日20時間以上です。

【費用と治療期間】

プラン名費用治療期間
ベーシック(前歯の治療)30万円3〜6カ月
プロ(奥歯から治す全体矯正)60万円6〜12カ月

DPEARL

【特徴】

  • LINEによるオンラインサポートでいつでも相談できる環境と月1回の通院によるオフラインサポートで安心安全な矯正治療を実現
  • 国内の熟練歯科技工士がCADシステムを利用して安全でスピーディなプランを作製
  • 従来のマウスピース矯正のコスト3分の1

【マウスピースの装着時間】

1日18〜20時間以上です。

【費用と治療期間】

プラン名費用治療期間
ショート25万円最大5カ月
スタンダード35万円最大8カ月
ロング45万円最大12カ月
ハイブリッド60万円最大15カ月

※初診3,000円、必要に応じて矯正前のクリーニングや歯科治療費が別途掛かる場合があります。
※紛失や破損によるマウスピース再作製は片顎6,000円、上下顎10,000円の追加費用が掛かります。

アソアライナー

【特徴】

  • 日本の歯科技工所が手掛けるマウスピース矯正
  • 治療開始までの時間がほかのマウスピース矯正の3分の1で素早く治療開始できる
  • 月1回マウスピース作製のための型取りをするので、矯正中の虫歯治療が可能

【マウスピースの装着時間】

1日17時間以上、マウスピースは1〜2週間ごとに交換します。

【費用と治療期間】

プラン名費用治療期間
片顎矯正15~50万円3カ月~10カ月
両顎矯正30~80万円4カ月~18カ月

メーカーが提示している料金プランは無いため歯科医院によって異なります。

クリアコレクト

【特徴】

  • マウスピースで歯を保持する力が強いため、歯の動きをサポートするアタッチメントの数が少なくて済む
  • マウスピースの光沢を抑える加工により審美性が高い

【マウスピースの装着時間】

1日22時間以上です。

【費用と治療期間】

プラン名費用治療期間
(プランなし)17万~80万個人差あり

※メーカーによる料金設定はされておらず歯科医院によって費用が異なり、治療期間も症例により個人差があります。

スマイルトゥルー

【特徴】

  • 前歯の矯正治療に特化しており、最大で前から5番目の歯(第2小臼歯)までが治療対象
  • 抜歯不要
  • 全体矯正と比べて明確でリーズナブルな料金設定
  • アメリカの専門チームが治療計画を立案、マウスピースは日本の歯科技工士が作製

【マウスピースの装着時間】

1日20時間以上、マウスピースは2週間ごとに交換します。

【費用と治療期間】

プラン名費用治療期間
前歯部分矯正20〜50万円3〜8カ月

歯列矯正を検討する前に
知っておきたい基礎知識

おすすめのマウスピース矯正メーカー

hanaravi

  • hanaraviはサブスクリプション型のマウスピース矯正法で、毎月の費用が決まっています。また、LINEで相談ができるため不安や悩みを解消しながら、治療を最後まで続けることができます。

インビザライン

  • インビザラインはアメリカのアライン・テクノロジー社が提供する、世界100カ国以上で800万人を超える治療実績を持つマウスピース矯正メーカーです。新しい素材の導入や治療に関する研究などの独自のテクノロジーを用いて美しい歯並びを目指せるシステムです。

キレイライン

  • キレイラインは3Dプリンターや最新の機器を用いることで、効率的で高精度なマウスピース矯正を行うことができます。たくさんの歯列データと最新技術が蓄積されたソフトウエアを用いて歯の移動を最大、かつ痛みを極力抑えた治療を行います。

oh my teeth

  • oh my teethは日本初のD2C(Direct to Consumer)サービスを用いてマウスピースの製造、販売、企画をすべて自社で行う、マウスピース矯正メーカーのひとつです。矯正情報のデータベース化やAI、3Dプリンターなどの活用により、通院回数ほぼゼロと従来の矯正よりも費用を平均70%抑えた画期的な矯正を提供しています。

この記事の監修医

神田 浩之 先生

かんだひろゆき

カンダデンタル・けやきウォーク 院長

Scroll Up